夫との関係に行きづまっても、子ども二人を連れて離婚となると、踏み切れない人は多いでしょう。それでも、定職も頼れる実家もない状態で離婚をして、その後の人生、幸せを手にした人もいます。44歳で子連れ離婚をした、酒井マサコさん(59歳・正社員営業職)です。離婚から子離れ、そして現在の一人暮らしに至るまでのお話をうかがいました。

キッチンのイスに座る女性
現在一人暮らしの酒井さん。一人時間をとても楽しんでいる様子です。「結婚時代は自分のためには一切お金を使っていませんでしたが、今は時間もお金もすべて自分のために使える。大好きなお酒も飲み始めました」(酒井さん)

専業主婦からの就職、子どもの自立、そして一人暮らしに至るまで

「二人の子どもと家を出て、アパートに引っ越してきた時は、晴れ晴れした思いでした。専業主婦にどっぷり浸かっていた私でも独り立ちできたことが嬉しくて。あの日が私の“独立記念日”です」(酒井さん・以下同)

穏やかな笑顔で語る酒井さん。離婚後は一心不乱に生活費を稼ぎながらも、専業主婦時代には得られなかった充実感があったといいます。ゼロからの再スタートで、どう生活を立て直していったのか、お話を伺いました。

●離婚当時の勤労収入は「時給300円」の在宅ワークのみ

酒井さんは、大卒後に地方銀行に勤め、25歳で見合い結婚。19年間の専業主婦を経て、当時高校生と中学生だった長男、長女を連れて家を出ました。夫の精神疾患や給与使い込みが主な原因で、44歳で離婚が成立。二人分の養育費は9万円で決まり、支払いが止まったら元夫の給与差し押さえができるように公正証書を作成しました。

とはいえ、当時、長男は私立高校で剣道部に所属。長女は中学校に通う思春期真っ盛りの年代で、お金もかかります。主婦時代から続けていた添削業の在宅ワークは、1本900円の仕事を3時間かけて仕上げていたため正味「時給300円」だったそう。離婚後には、在宅ワークの収入をコツコツ貯めた300万円の資金があったとはいえ、月収は在宅ワークの仕事、養育費、児童扶養手当などの諸手当と合算しても10万円台。これではアパートの家賃15万円を払えるかどうかで、二人分の学費はおろか、生活費を払うことすらできません。そこで、就職活動をスタート。

「幸い派遣の仕事で採用されたので、添削の仕事をやめようとしたら、なんと発注先である社員教育の会社が私を正社員に雇ってくれたんです。子どもたちは『お母さんは世間知らずだから使い物にならないと思うよ』と心配していましたが、最後には『まあ、なんとかなるんじゃないの?』と背中を押してくれました」