10年前、当時68歳だった加藤茶さん(以下カトちゃん)と、23歳だった加藤綾菜さんが、45歳の超年の差婚をし、世間を賑わせました。45歳差の結婚に、「財産目当て」といったバッシングが巻き起こり、綾菜さんには5年にも渡り、SNSなどで過激なクレームが入ったといいます。

しかし、そんな誹謗中傷にも倒れることなく夫婦愛を育んだ2人。その途中ではカトちゃんの大病や、綾菜さんの意識的な変化があったといいます。
今年で結婚10年目を迎える綾菜さんに、当時を振り返ってもらいつつ、現在のカトちゃんとの生活を教えていただきました。

加藤綾菜さん
加藤綾菜さん

結婚から10年。加藤綾菜さんが振り返る夫婦関係

「おしどり夫婦」のイメージも持たれるようになったお二人ですが、32歳と78歳の夫婦として、どのように暮らしているのでしょうか。実際の夫婦関係について教えてもらいました。

●バッシングを守ってもらい「この人と添い遂げたい」と決意

――普段は、年齢差によるすれ違いやケンカはありますか?

綾菜さん

:これまでカトちゃんとケンカすることは、ほとんどありませんでした。すれ違いやギャップは、結婚当時から“あって当然”という気持ちだったので、ぶつかっても私が譲ることでだいたい解決していました。
言い争いになったら、私が少しクールダウンして、カトちゃんに「ごめんね。仲直りしよう」って向き合い直して握手するのがわが家のルールなんです。あと、ケンカをしても絶対に翌日には持ち越さないようにしています。カトちゃんは厳しい芸人の世界で生きており、イライラや不満を抱えて表舞台に立ってほしくないですからね。

――すてきな寄り添い方ですね。ちなみにコロナ禍になって、お二人の関係も変化がありましたか?

綾菜さん

:些細なことでぶつかる事は増えました。元々ケンカは1年に1回くらいだったのですが、コロナ禍になってカトちゃんは1年間舞台がなく家にずっといる生活になりました。一方の私は、自宅でYouTubeの撮影やオンラインで打ち合わせをする生活だったのですが、「今から撮影するから、静かにしてね」って頼んだのに、横でアクション映画を見始めたりするんです(笑)。

カトちゃんとずっと一緒にいたい気持ちは変わらないんですが、さすがに自分の部屋をつくることにしました。イラッとしたら自室に戻ってクールダウンしたり、お互いの時間を楽しんだりするために使っています。とにかく、カトちゃんがカッとなって、頭に血が上らないようには気をつけています。ケンカを長引かせたくないという気持ちだけじゃなく、お医者様からも心臓の手術をしているから気をつけるようにと言われているので。わが家のケンカは命がけなんです。

――お話を聞いていて、仲がいいのはもちろんですが、綾菜さんの忍耐力のようなものを感じますが、今のような意識になるきっかけはあったのでしょうか。

綾菜さん

:やっぱり、結婚当時バッシングから守り続けてもらった部分が大きいです。「守ってもらった分、この人と添い遂げたい!」という気持ちに繋がっています。当時カトちゃんの事務所には何万件もクレームが入っていたとか、当時彼の周りのほとんどの人は結婚に反対していたという事実を、じつは最近になって教えてもらいました。

また昨年のカトちゃんはコロナ禍で舞台が中止になったり、志村けんさんが亡くなり、その落ち込みから1か月間まったく家から出なかった時期がありました。そんな彼を見ていて、改めて元気になってもらいたいなって感じましたし、85歳まで舞台に立ちたいというカトちゃんの夢を叶えてあげたいという気持ちがしみじみ湧きましたね。