新型コロナウイルスの影響で、時差通勤や在宅ワークの増加、飲み会の減少など、今までの仕事環境が大きく変わった昨年。そのため、夫と家で過ごすことが増えて、夫婦関係にも変化が訪れたのかどうかについて、ESSE読者354人にアンケートを実施しました。
読者の「コロナ渦変化した夫婦関係エピソード」をご紹介します。

テーブル向かい合う男女
新型コロナ以降夫婦仲はどう変わった?(※写真はイメージです)

新型コロナの夫婦仲への影響。家事育児に積極的になった夫も多数

ESSE読者344人に「新型コロナ前後で夫婦仲変化はありましたか?」と聞いたところ、約25%が「変わった」と回答。では、「仲よくなった・悪くなった」のどちらでしょうか?

<新型コロナ前後で夫婦仲に変化はありましたか?>


以前とあまり変わらない…257人
以前より会話が増えて、仲よくなった…74人
以前より会話が減り、けんかなど仲が悪くなった…10人
以前より会話が増えたのに、仲が悪くなった…1人
そのほか…3人

ESSE読者の場合は、「以前より会話が増えて、仲よくなった」というハッピーな回答が圧倒的。では、仲よくなった/悪くなった理由を読者コメントからご紹介します。

●早く帰宅するので会話が増え、夫婦の絆が深まった!

ステイホームや3蜜を避けるようになった結果、家族で過ごす時間が圧倒的に増加。夫婦でたくさん話すようになったことで、互いの理解が進んだり、子育ての悩みを共有できるようになったという声が多数ありました。

男女と子ども

「夫が早く帰ってくるようになり、夫婦の会話が増えました。今までほとんど家にいなかったので、子どもと触れ合う機会がありませんでしたが、今は夫が子どもにメロメロに。その姿に私は幸せを感じています」(愛媛県・33歳・アルバイト)

「夫の飲み会や週末のゴルフなどがなくなり、また帰省もできなくなったので、家族で過ごす時間が増えた。夫と話す時間も増えて、将来のお金の話や教育の話をするようになりました」(兵庫県・31歳・主婦)

しかし夫と会話が増えたことで、仲が悪くなってしまうこともあります。

●お互いの性格がよく見え過ぎて、リコカツに発展!?

紙を持つ女性と男性

夫と一緒に過ごして疲れても、友達とのランチやカラオケなど気軽なストレス解消がままならない状況…。過ごす時間が増えたからこそ、性格の不一致を改めて実感した人も。

「以前より一緒に過ごす時間が増えて会話は増えましたが、お互いに対する不満も増えました。けんかが多くなり、去年は両家を巻き込んでの離婚騒動にまで発展。今も仲直りしたり、けんかしたりの繰り返しです」(東京都・37歳・主婦)

「潔癖症だった夫がコロナ禍でエスカレートしてしまい、私はすごくストレスを感じるようになりました。にもかかわらず夫は私に内緒で会食に参加し、黙っていたことで大ゲンカ。夫への不満は募り、リコカツを経て、3月に離婚しました」(神奈川県・40歳・主婦)