ジョージ・クルーニーが犬の保護施設に1万ドル(約110万円)を寄付したり、韓国の大統領府に保護犬を迎い入れる動きがあったりと、保護犬への関心が世界規模で高まっています。

 日本でも、犬を家族に迎える際の選択肢として、従来のペットショップではなく、保護犬を選ぶ人が徐々に増えてきました。

 でも、実際に引き取ったとき、どんな生活が待っているのでしょうか?

 イラストレーターの岩沢さんと「オット」が、保護犬だった「ふうちゃん」を引き取って暮らし始めたのはおよそ1年前のこと。

 保護犬と暮らして、感じたこと、驚いたこと、日々のできごとをマンガで紹介してもらいました。

【保護犬マンガ】どんなに辛い過去が…01
すべての画像を見る(全3枚)
【保護犬マンガ】どんなに辛い過去が…02

びくびくしっぱなしだった保護犬もこんなに変わった!

 今もビビリのふうちゃんですが、うちに来た頃は輪をかけて臆病でした。

 いつでもビクビクしていて、「いったい過去になにがあったんだろう?」って考えずにはいられませんでした。

 そんなふうちゃんも、慣れるにつれて、のびのびしたところを見せるようになってきました。

 うちでは、ふうちゃんは人間の布団には乗らないようにしつけているんです。

 でも、マンガに描いたように、目を離した隙に、お布団に「デーン!」と寝転がっている姿を見て、笑ってしまいました。

 ふうちゃんはガマン強くて、こうしたい、ああしたいという主張もあまりしないタイプです。

 ガマンしすぎなんじゃないかなって心配になるときもあるほど。

 だから、たまに言いつけを破ったり、ワガママだったり、そんなところを見せてくれると、なんだか少しホッとするのです。

くつろいだ姿を見せるように

 暖かい窓際でうとうと…。だいぶリラックスできるようになりました。