家族が喜ぶ揚げ物料理ですが、面倒なのが油の処理。
プチプラグッズに詳しい奥野敦子さんがダイソーで見つけたのは、おもしろいほど油を吸収する! とSNSなどで話題の「わたぐも」。詳しく見てみましょう!

フライパンの油をぐんぐん吸収!ダイソー「わたぐも」

皆さんは面倒な揚げ油やフライパンに残った油の処理をどのようにしていますか? 油凝固剤で固めたり、新聞紙などに吸収させたりと様々だと思います。
今回試してみたのは、ダイソーで話題の「わたぐも」。注目を集めているのが納得のひと品です。

わたぐも
ふわふわなのにパワフルに油を吸収!

わたぐもはポリプロピレン製。わたあめのようにフワフワしていて、とても軽いです。この極細繊維と特殊構造が油をしっかりと吸収してくれます。
小さなお子様がいるご家庭は、お口の中に入れてしまわないようにご注意くださいね!

簡単にちぎることができます

わたぐもは画像のように簡単にちぎることができます。必要な分だけちぎって使いましょう。

わたぐも1枚12gで、約600mlの油を吸収することができるんです。約50倍の吸収量!

水ははじき、油のみを吸ってくれます。また吸収した油が垂れにくいのも魅力です。

●ギトギトのフライパンで吸収力をチェック!

ギトギトのフライパン

ギトギトのフライパンをわたぐもでふいてみます。

油のみをしっかり吸収してくれました

水分は残し、油のみをしっかり吸収してくれました。この後、フライパンを洗うのがラクになりますね!

●実験:わたぐも2gで100mlの油を吸収することができる

油の吸収実験

12gのわたぐもが600mlの油を吸収するということで、6分の1の量で実験してみることにしました。

果たしてわたぐも2gで100mlの油を吸収することができるのでしょうか?

答えは「できる」です。

答えは「できる」です。油をぐんぐん吸収する過程がおもしろい! 未知の物質を見ているような、なんだか不思議な感覚なんです。

今回はオリーブ油で実験しましたが、油の種類や状態によっては多少異なる場合があるようです。

●わたぐもでキッチン掃除をしてみた

掃除にも

壁のタイルやコンロや調理台に跳ねてしまった油を、さっと少量ちぎってふき取るのもおすすめですよ。少し飛んだものをふくためにキッチンペーパーを1枚使うのはもったいないし、節約にも繋がりそうです。

これからの季節、アウトドアでも活躍してくれそうですね!

●油の処理に、掃除に。キッチンに常備しておきたい逸品

・ダイソー「わたぐも」 110円

・ダイソー「わたぐも」 110円

1枚12g入り。材質はポリプロピレン、耐熱温度は80度です。

ダイソーの「わたぐも」はいかがでしたか。面倒な油処理も、環境に優しく楽しんで処理できるのではないでしょうか。みなさんも一度この感覚をぜひ体験してみてくださいね!

※商品名や在庫、価格は記事執筆時のものです。