日々の生活をシンプルに小さく、だけど節約ばかりでなく、さまざまなアイデアで一人暮らしを充実させていく。そんな姿をつづった『

58歳から日々を大切に小さく暮らす

』(すばる舎)が10万部のベストセラーになっている、ブロガーのショコラさん。

同世代だけでなく、若い世代にも大きな共感を呼ぶショコラさんの暮らし。日々の工夫や人間関係について、詳しく伺いました。

水やりをする女性
シンプルな暮らしが話題のショコラさん

シンプル暮らしを楽しむショコラさん。コツは「自分の基準」を見つけること

●ものを減らすとムダがなくなった

――40代で離婚され、以降は1LDKのマンションで一人暮らしをしているショコラさん。60歳になり、パートと年金での生活も安定してきた頃から、「老前整理」としてものの整理を始めたそうですね。

「ちょうどその頃、“断捨離”や“ミニマリスト”ブームを紹介するテレビ番組を見て、衝撃を受けたんです。とはいえ、とてもじゃないけどあそこまではできないので、自分のペースでゆっくりと、2年近くかけて減らしていきました。

ものを減らすと、掃除がラクになったり、ムダ買いが減って節約になったりします。今の暮らしに合っている、そうした方が便利だからこそ、手放すことができました」

プラセンタ美容液

――ブログでも書籍でも、100円ショップのグッズなどで節約しつつも、楽しく生活していることが伺えます。最近気になったグッズを教えてください。

「ダイソーのプラセンタ美容液ですね。最初は、妹に“すごくいいから”と言われてもらったんです。100円だから気軽にたっぷり使えますし、これで4本目かな。普段はムダづかいしないように、100円ショップに行っても、あんまり売り場を回ったりしないんですけど、たまには“探検”してみないとダメだなって思いました。

お財布2つ
右がダイソーの食費用財布

お弁当箱も1年以上、セリアのものを使っています。細長いので通勤バッグの中にも入るし、100円で1年以上使えるのもすごいですよね。食費用のお財布も、ダイソーで150円のものですし。この値段でも中に仕きりもあるし、しっかりしたつくりなんです。ほかには、レンジフードなんかも、ダイソーのものを3枚重ねにして使っています」

――お部屋はものが少ないですが、絵が飾られていたり、お花や観葉植物があったりして、寂しい印象を与えません。

「観葉植物は、17年前に引越し祝いにいただいてからずっと育てているお気に入りです。かなり大きくなりました。お花も絶対に飾りたくて。これは花ビンに見えますが、じつは100円ショップのゴマ油のあきビンなんですよ(笑)」

瓶にお花

――消費税の増税は、生活に影響しましたか?

「もの自体をあまり買わないので、普段の生活では影響はとくにないですね。食料品は8%ですし、たまに買う洋服はヤフオクやメルカリなので、増税はあまり意識していないかもしれません」

コーヒーとケーキ

――プチプラグッズを駆使する一方、本当に気に入ったものは、少し高くても大事に買いそろえる姿も、共感を得るのだと思います。今日出していただいた食器もすてきですね。

「ケーキを乗せている器は、北欧食器のアラビアです。3年前に二男と鎌倉散歩に行ったとき、カフェで出されたコーヒーカップに一目ぼれしたのがはじまり。次の誕生日に息子がプレゼントしてくれたのをきっかけに、プレートやボウルなどを少しずつ集め始め、代わりに以前の食器は思いきって処分しました。

簡単で質素な食事でも、気に入った食器だと、おいしく豊かな気持ちでいただけるのがいいですね」