イラストレーターの岩沢さんは、もとはシェルターに引き取られた保護犬だった柴犬系の雑種犬ふうちゃんとオットの3人暮らし。初めて保護犬と暮らす驚きを漫画でつづります。今回は、体調を崩したふうちゃんの後日談です。

寒いのは人間も犬も一緒なんだ

漫画
すべての画像を見る(全2枚)

●元気になったふうちゃん

前回に続き、おなかをこわしたふうちゃんについてです。

寒い時期、わんこがおなかを冷やして便がゆるくなるのは珍しいことではないそうです。ふうちゃんの場合は腸の悪玉菌が少し多くなっていたようですが…(しばらくお薬を飲んだら、無事もとの状態に戻りました)。

犬
元気になったふうちゃん

それでも寒いときは、温めるのに越したことはないと思って、低温カイロを試してみたのですが、腰に乗せるやいなやすぐ逃げてしまいます。体にものが乗っかっている違和感がいやなのだと思いますが…。

そういうわけで今では私のおなかをあっためる専用カイロになっています。笑 ふうちゃんには、ふかふかの毛布でも買ってあげようと検討中です。

注:低温カイロのわんこへのご使用は短時間(数分でいいようです)、かつわんこから目を離さないよう、くれぐれもお願いいたします!