新型コロナウイルスによる1度目の緊急事態宣言から1年以上経ちました。その間、学校の休校や大型施設の休館、在宅ワークの増加、外出自粛や外食の機会減など、私たちの想像を超える事態に直面。

それまで“当たり前”と思っていたライフスタイルが大きく変わった現在、どんなものが必要になり、どのようにステイホームを過ごしてきたのか、ESSE読者354人に調査。みんなが「新型コロナの影響で買って/契約してよかったもの」をご紹介します。

リビングに家族
在宅時間が増えたことでみんなが買って/契約してよかったものは?

新型コロナ禍で購入&契約してもらってよかったものは?354人に調査

ESSE読者345人「に新型コロナの影響で思わず買ったもの/契約したものはありますか?」と聞いたところ、約半数の167人が「ある」と回答。1位から5位までは以下のとおり。

<新型コロナの影響で買って/契約してよかったもの>


1位 動画配信サービス 60人
2位 ニンテンドースイッチ 34人
3位 調理家電 14人
4位 アウトドア関連 13人
5位 PCなどのデスクまわり 5人

それぞれ、契約や購入した理由を読者コメントからご紹介します。

●1位:新規加入者多数!動画配信サービスがぐっと身近に

テレビにアプリ一覧

昨年の緊急事態宣言発令による休校や映画館などの休館がきっかけで、「子どもが退屈していて」「自宅で映画を見たくて」と動画配信サービスの人気が一気に加速。すでに加入中の人は「もっと韓国ドラマを見たくてNetflixも契約」というように家族の好みに合わせて複数契約するなど、さらなる充実に積極的です。

「Amazon Prime VideoとU‐NEXT。自宅で映画などを見られるように入会しました」(東京都・31歳・アルバイト)

「もともとHuluとAmazon primeに加入しているのですが、おうち時間が増えたので子どもが希望しているディズニープラスと海外ドラマが豊富なNetflixにも加入しました」(茨木県・29歳・会社員)

「野球観戦に行けない代わりにDAZN(ダゾーン)を契約し、それを見るためにテレビを新しく買った」(東京都・37歳・アルバイト)

動画サービスのほかにも、楽天マガジンやAmazon Primeの書籍読み放題サービス、音楽配信のSpotify PremiumやAmazon Musicなどの有料プランのサブスク(定額・月額契約)を始めるきっかけになったという声も目立ちました。