1. トップ
  2. sponsored

梅雨どきの部屋干しを気持ちよく! 生乾き臭の悩みも解消

2021.06.02

梅雨の時期は、家族の服を部屋干しする機会が多いもの。なかなか乾きにくく、家全体がジメジメとしてしまいますよね。服の生乾き臭がなかなか取れず、部屋の結露やカビも気になるという人が多いのではないでしょうか。そんな悩みを一気に解決してくれるのが、パナソニックのハイブリッド方式衣類乾燥除湿機です。イラストレーターのオヨネさんが、その使い心地をレポートします。

独自のハイブリッド方式で衣類を1年中スピード乾燥

「2人の子どもはまだ小さいので着替えが多く、梅雨時は洗濯が追いつかないのが悩みです。部屋干しもするのですが、なかなか乾かなくて……」とオヨネさん。そんなオヨネさんが今回試したのは、パナソニックのハイブリッド方式衣類乾燥除湿機 「F-YHUX120」です。

ジャーン

パナソニックのハイブリッド方式衣類除湿乾燥機「F-YHUX120」の
さらに詳しい情報はこちらに!

洗濯して干した衣服は、生地に含まれている水分が周りの乾いた空気に徐々に移ることで乾いていきます。ところが部屋干しの場合、最初は洗濯物の水分が室内の空気に移るのですが、やがて空気中の水分が飽和状態に。特に梅雨どきは室内の湿度がもともと高く、すぐに空気中の水分が飽和してしまい、洗濯物の水分が空気中に逃げられず、乾きづらくなってしまうのです。

衣類乾燥除湿機は、空気中の湿気を回収しながら洗濯物に風を当てて水分の移動を促すので、部屋干しでも洗濯物が乾きやすくなるというわけ。

だから部屋干しには衣類乾燥除湿機がいいのね除湿機には、空気を冷やす「コンプレッサー方式」と、乾燥剤を使い、ヒーターを通す「デシカント方式」があります。前者の場合、気温の高い夏場は効率よく除湿ができますが、冬には不向き。後者は冬でも高い除湿能力を保ちますが、消費電力が高いというデメリットがあります。

パナソニックの衣類乾燥除湿機は、この2方式のデメリットを克服し、いいとこ取りしたかしこい「ハイブリッド方式」。温度と湿度に応じて、コンプレッサー方式とデシカント方式の運転比率を自動的に判断しながら、気温に左右されにくく1年中優れた除湿力を発揮し、無駄な電気代も抑えます。

さらに、季節に適した衣類乾燥が行えるように、今年の新商品からは「梅雨モード」「冬モード」を搭載。梅雨モードでは、衣類乾燥が終わったら自動でお部屋を除湿し、衣類への湿気戻りとお部屋の湿度上昇を抑えます。冬モードでは人がいる空間での部屋干しを想定し、お部屋の空気が乾燥しすぎないよう、快適な湿度(約40%~60%)を目安に衣類を乾かす設計です。また、外に干した洗濯物が風の強い日によく乾くように、部屋干しの場合も、室内を除湿するだけではなく風を送ることで、より早くムラなく乾かすことができます。

そこでパナソニックの衣類乾燥除湿機F-YHUX120では、左右独立したツインルーバーを搭載。それぞれが異なるスピードでスイングし、さまざまな方向に風を届けます。洗濯物を揺らして拡げながら風を送り込むから、洗濯物を詰めて干しても速く乾くという仕組みです。また、幅広く、洗濯物の端までしっかり風を届けるように「ワイド送風」もできます。

ここがすごい「試しに、家族の衣服を一気に洗濯して干してみました。洗濯物を詰めて干すと乾きにくいものですが、 詰めて干してもいつもより速く乾いて感動! 風の向きを調整できるのも助かります」(オヨネさん)

「ナノイー X」の力で部屋干し臭の原因菌も除菌(※1) !

(※1)約6畳の試験空間での約7時間後の効果です。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。実際の効果は周囲環境(温度・湿度)、運転時間、衣類の素材、形状などによって異なります。

とはいえ、気になるのが部屋干しの「ニオイ」です。

臭くなる実は、洗濯物が発するイヤな部屋干し臭は、濡れた生地で繁殖する細菌によるものです。

パナソニックの衣類乾燥除湿機F-YHUX120なら、スピーディーに衣類乾燥し、部屋干し臭の原因菌を「ナノイー X」の力で除菌 (※1)して、部屋干し臭を抑制(※2)します。
(※2)風呂上り後に使用→洗濯脱水ののち、自然乾燥と、「ナノイー」放出・衣類乾燥運転を10回繰り返した後の洗濯後の衣類の効果です。

さて、オヨネさんが干してい洗濯物も乾いたようです 。その仕上がりは…?

フードも乾いてる部屋干し臭だけでなく、この「ナノイー X」は、着るたびに洗うことのできないスーツや上着類についた花粉やニオイをケア(※3)し、さらにお部屋のカビも抑制(※4)してくれる優れものです。

(※3)<花粉>吹き出し口から約40cmでの約6時間後の効果です(スギ花粉での検証)<ニオイ>約6畳の試験室内にて約12分後の効果です。
(※4)約6畳空間での約8時間後の効果です。

快適〜「洗濯物を乾かすだけじゃなくて、家じゅうのジメジメとサヨナラできるのは嬉しい!」(オヨネさん)

電気代を節約する賢い機能も満載

F-YHUX120ではパナソニック独自のカラッとセンサーを搭載し、乾燥開始から、定期的に温度・湿度とその変化度合いをチェック。乾燥完了を見極めて自動停止。また、パナソニック独自の「エコナビ」を搭載し、洗濯物の量を自動で判断して、おトクに乾かします。

「乾いたら自動で運転を停止してくれるから、その間に外出しても電気代がムダにならなくて安心!」(オヨネさん)

さらに、普段はエコな「標準モード」、急いでいるときは「速乾モード」と使い分けられるのも嬉しいポイントです。

普段は標準モード梅雨はもちろん、花粉や黄砂の多い春、ゲリラ豪雨が発生する夏、秋雨に温度が低く洗濯物が乾きにくい冬と、1年中活躍してくれるパナソニックの衣類乾燥除湿機。天気に左右されずいつでも洗濯物をカラッと乾かすことができて、臭いの原因菌やカビも抑制できるといいことづくめです。

最高この一台があれば、家事ラクと快適な家環境が同時に叶います。

パナソニックのハイブリッド方式衣類乾燥除湿機 「F-YHUX120」について
もっと知りたくなったらこちら!

<イラスト/オヨネさん 取材・文/金谷亜美>

問い合わせ/パナソニック

  • この記事を
    シェア

今人気の記事をもっと見る