40代、50代ともなれば、親の介護が頭をよぎることもあるでしょう。来るべきに備え、今から心づもりをしておきたいもの。人生の大先輩であり、親の介護もしてきた、NPO法人「高齢社会をよくする女性の会」の理事長を務める樋口恵子さんに、お話を伺いました。

樋口恵子さん
樋口恵子さん

40代から考える未来の親の介護。今から頭に入れておきたいこと

いつか来るかもしれない親の介護。自身も介護を経験し、そして親の立場でもある樋口さんに備えられることを教えてもらいました。

●今年は「親の希望」を聞く第一歩の年に

「私は読売新聞ので『人生案内』という人生相談の回答者を長年務めておりますが、家庭問題でもよく聞かれるのが、介護トラブル。親も子も介護については何にも話さぬまま、ある日突然親がドタリと倒れて上へ下への大騒動。そして介護が始まれば、介護やそれにかかる経済の負担がきょうだいの一人に集中する。そうした不公平、不満はじつによく聞かれます。

そうなる前に、できれば親の方から、自身の介護について方針を話しておくのが理想ですよね。でもそうはいかないのが現実。一向に言い出してくれなければ、子の方から切り出すしかないでしょう」

例えば今年の年末などにきょうだいが集う機会があれば、「お父さん、お母さんに何かが起きた時、どうしたいか希望を聞いておきたいな」などです。

「できれば、他のきょうだいも集まっている席で話し合い、状況が許すならば『言った、言わない』を避けるためにも書き留めておくといいでしょう。パンドラの箱を開けるのには勇気が要ります。ですが、思いきって開くことで、親の希望だけでなく、きょうだいや配偶者の介護負担の意志を確認できる。その点でも、大きな前進です。介護が始まると、相手の気持ちが分からず喧嘩することも多いので、落ち着いているうちに話し合うのが吉です。

もちろん、今年のうちに全部決めなくても構いません。まずは親の希望を述べていただく。今年はその第一歩の年にしてはいかがでしょうか。40代、50代は親の介護においても、覚悟の始め時です」

●もし親を手助けする立場になったら…

介護
※写真はイメージです

いざ、親を手助けすることになった場合、子の側としてはどのような態度で接すればよいか。それまでの親子関係や状況にもよりますが、親の気持ちは知っておきたいところ。
60代の一人娘と同居を続けてきた樋口さんは、複雑な親心をそっと打ち明けてくれました。

「高齢の親を抱える娘は、往々にして、親の生活や食事に口出しをします。親の立場からすると、煩わしく思う反面、ありがたみも感じます。気にかけてくれている証拠ですから。

『転ぶといけないからあまり歩かないでくださいね』ともよく言われがちですよね。ただ、歩かないでいると、筋力が弱ってかえって転びやすくなるという考え方もある。ですから、親が望む健康法は少しくらいやらせてあげてもいいのではないでしょうか。食べ物も、糖尿病だのなんだのと気にはなるでしょうけれど、余りやかましく言うよりは、食べたいものもある程度は食べさせたほうがストレス対策にはいいのでは…と、個人的に思います」

そんな樋口さん親子も、最近関係が変わりつつあるそう。

「少し前までは、娘から生野菜を食べろだの何だのと細かく指示されたら、『うるさい!』と大喧嘩。それが、最近では『はいはい』と聞き流せるようになりました。その代わり栄養たっぷりの食事をおすそ分けでいただこう、と開き直ったの。調理することが億劫になってきている今、小言を言われてもやってもらった方が得策だという境地に至ってきたんです。娘からすれば、親の口答えが減ったのは元気がなくなった証拠だと、心配してくれているかもしれませんね」