まだまだ手放せないマスク。緊急事態宣言が明け、段々とに外に出る機会が増えつつある今、必須のアイテムです。

「髪型は前髪がいちばん大事!」と話すのは、女性の髪問題に詳しいヘアライター佐藤友美(さとゆみ)さんと、人気ヘアサロンMINXのディレクター八木花子(八木ちゃん)さん。

今回は、50代の読者をモデルに、マスク時代の前髪の印象について教えてもらいました。

BeforeAfter
前髪はたった1cmで印象が変わる

マスク時代は前髪のイメージがいちばん大事に

さとゆみ:「上顔(うえがお)印象」なんて言葉も生まれましたけれど、マスク時代って、顔の上半分の印象が大事

になりますよね。

八木ちゃん:

もともと髪型って、前髪がすごく大事なんです。人は、相手の目を見て話すので、前髪がいちばん目に入るんですよね。

さとゆみ:

そうそう。私もよく、「毛先の10cmよりも前髪の1cmのチェンジのほうが、人に気づかれる」って話をします。

八木ちゃん:そうなんですよ。それが、マスク時代はさらに! って感じですよね。下半分が覆われているから、より、前髪のイメージがすごく大事

になってきたんです。

●目にかかるくらいの前髪だと目力ダウン

さとゆみ:

具体的に、注意すべきポイントってありますか?

八木ちゃん:

目にかかるくらいの前髪って、マスクがないときはそこまで気にならないものです。

少し長めの前髪
マスクがない状態だと、とくに気にならない少し長めの前髪
さとゆみ:

でも、マスクをしていると、目力がずいぶん弱まってしまうなと感じます。

長めの前髪が目力を弱めてしまう
マスクをしていると、肌が見える面積が少なく、長めの前髪が目力を弱めてしまう。
八木ちゃん:ですので、半端に目にかかる長さでしたら、思い切って目を出してしまう

ほうが、ぱっと明るい雰囲気になりますよ。

前髪だけをカット
今回は、前髪だけをカット。目にかからない長さまで、1cmほど切りました。

●肌を見せる面積を増やすと若々しく明るい印象に!

目がしっかり出る長さでカット
目がしっかり出る長さでカット。若々しく、明るい雰囲気に。
さとゆみ:うわ、1cm切っただけ

なのに、ものすごく印象変わりますね。

八木ちゃん:そうなんですよ! マスクをすることが多くなったいまは、目元をしっかり出してあげて、肌を見せる面積を増やしてあげると、明るい印象に

なります。もちろん、マスクをしないときにも、バランスのいい長さです。

爽やかな印象
マスク無しでも、もちろんOK。爽やかな印象。
さとゆみ:

ほんの少しの差ですが、ずいぶん違うとびっくりしました。

八木ちゃん:

今、なんだか顔が晴々しないな、くすんでいるなと思う方は、ぜひ前髪にも着目してみてください。