「キレイな人はなにか特別なことをやっているのでは…」と思いがちですが、じつは意外とマネしやすい習慣もたくさんあるんです! そんなコツコツ積み重ねることで未来に差が出る美のルーティーンを、美容家の石井美保さんに教えてもらいました。

石井美穂さんが続けている、キレイをつくる美のルーティーン

奇跡の40代と称される美肌をもつ美容家・石井美保さん。実践している美の習慣は、じつはマネしやすいものがいっぱい。ひとつでも続けることで、5年、10年先の未来の美しさに違いが出るはず。ルーティンとして、ぜひ取り入れてみて!

セミロングヘア女性
奇跡の40代・石井美保さん
すべての画像を見る(全10枚)

●頭皮マッサージで地肌ケア!抜け毛予防&美髪を育てます

ストレスがたまると頭皮がかたくなり、それが抜け毛につながることも。だからこまめに地肌をマッサージして血行促進! 洗髪のときに頭皮ブラシを使ったり、クッション性の高いパドルブラシや指の腹で地肌を刺激して、健やかな頭皮環境を保っています。「アヴェダ」のパドルブラシや「uka」の頭皮ブラシがお気に入りです。

●乾燥を招かないよう良質の油をしっかり取ります

年齢とともに肌の油分は減って乾燥しやすくなるから、食事からも油を摂取します。選びたいのは純度が高く、良質の脂肪酸を含むエゴマ油やマカダミアナッツオイル。油=太る、と思われがちですが、代謝アップを助けてくれるので、その心配はありません。

●甘いものとは上手につき合います

イチゴスイーツ

糖質の取りすぎは、肌を老化させる糖化を招く原因になります。でもストイックな糖質制限は楽しくないもの。甘いものが大好きだからこそ、人と楽しんで食事をするときはOKにして、おいしくいただきます。

ホットケーキ

逆に1人のときは控えて、糖質依存にならないよう気をつけます。

●「なるべく日に当たらない」は一生のテーマ

日やけしやすい私にとって、UVカットは一生のテーマ。“なるべく日に当たらない”がモットーなので、毎日のUVケアはもちろん、コートを脱ぐ3月中旬から、いち早く日傘生活をスタート。日差しは穏やかでも、紫外線量が急激に増す春から、油断をしません。

●タンパク質は欠かさずに。お肉はバランスよく食べます

お肉

20代の頃、ストイックに玄米菜食を続けた結果、肌のハリが失われたことが…。その反省を踏まえ、タンパク質を含むお肉をしっかり食べるようにしています。アミノ酸量を考えると1日100gが目標。栄養素がかたよらないよう、種類も牛・豚・鶏とバランスよく。

●一年じゅう温め生活で冷えを撃退

40代になってから指先に冷えを感じるように。だから家では絹の靴下を履く、温かいものを食べるなどして体を冷やしません。入浴も以前は忙しくてシャワーですませていましたが、今は湯船につかるように。汗をかき、血行を上げることは、美肌づくりにもつながります。
「ホットタブ」の入浴剤は重炭酸浴でしっかり体が温まるのでお気に入り。また、「ソフィーナiP」のクロロゲン酸タブレットで、体の中から血流をアップすることも意識しています。

●癒やしの時間はきちんと確保

猫と女性

癒やし時間はいくつかありますが、ひとつが愛猫のマリーを抱っこするとき。触れるだけでセラピー効果が。

カメラで写真を撮る女性

そしてもうひとつが美しい風景や物、コスメに触れ、それを撮影する時間。カメラに収めた瞬間が目で見る以上に美しく撮れたとき、心が満たされます。

●ウエストマークで体形への意識を高めています

ウェストベルト女性

仕事中のONタイムは、太めのベルトでウエストマーク。コルセットのように、常におなかを適度に締めつける緊張感があるので、自然と体幹を意識した姿勢や歩き方になります。ややきつめに締めることで、食べすぎ防止にも。体形維持に役立っています。

●お気に入りスニーカーで1日1万歩

黒パンツ女性全身

1日1万歩歩くのが目標。体の深層部を引き上げるようにして早歩きを心がけていたら、筋肉量が増えて全身が引き締まりました!

足元スニーカー

気分が上がるお気に入りのスニーカーを履き、おいしいパン屋さんへ行くなど、ちょっとした目標を見つけるのも1万歩達成のコツ。

●隙間時間に骨盤底筋群をトレーニング

寝転ぶ猫

運動は苦手ですが、スキンケアなどのついでに効率よくできるものを…と考えて始めたのが電動フォームローラー。ひざの上あたりにはさんでブルブルさせることで、骨盤の下で臓器を支える骨盤底筋群と体幹をトレーニング。血行もアップして一石二鳥です!

<写真提供/石井美保さん 撮影/天日恵美子 取材・文/ESSE編集部>