毎日お弁当づくりをしていると、「寝坊した!! どうしよう…」なんて日もありますよね。
そんな日は、焦らず、落ち込まず、気を取り直して、「超速レンチン弁当」に頼りましょう! 自身も娘さん2人のお弁当を15年間つくり続けた、料理研究家の藤井恵さんが、寝坊した日でも超速でできあがるお弁当レシピを教えてくれました。

レンチン4分で2品同時に完成!お弁当づくりが劇的にラクに

藤井恵さん
料理研究家の藤井恵さん
すべての画像を見る(全7枚)

お弁当づくりは毎日のこと。日によっては疲れて寝防したり、二日酔いの日もあれば、体調の悪い日も…。
「お弁当は、とにかく続けることが大事。だから、毎日のお弁当づくりがラクになるよう、簡単で短時間でできるものを、と考えてつくったのが、この『超速レンチン弁当』です」と話すのは、料理研究家の藤井恵さん。
自身のお弁当づくりの経験から生まれた、シンプルでつくりやすくおいしいお弁当レシピが人気を集めています。

「ポークチャップ弁当」&「超速のり鮭弁当」 寝坊した日の「お守りレシピ」に!

今回教えてくれたのは、肉と魚の2つのお弁当。
「どちらも材料は2つだけ。分量は肉も魚も野菜も100g。簡単に下ごしらえをして耐熱の器に入れ、あとは2品同時に4分加熱すればOK。電子レンジ加熱でおいしくつくれるコツを押さえたレシピだから、お弁当に入れてもおいしく食べられます」

とにかく簡単で、レンジ加熱中はほかの家事もできるので、朝の時間を有効活用できます。寝坊した日の「お守りレシピ」として覚えておくと安心ですよ。

●ポークチャップ弁当

ポークチャップ弁当
肉は切らなくてOK! ポークチャップ弁当

【材料(1人分)




<ポークチャップ>
・豚ロース薄切り肉 100g

・A(トマトケチャップ大さじ2 しょうゆ小さじ1 ショウガ(すりおろす・チューブでもOK)少し 片栗粉小さじ1/2)

<アスパラの粒マスタードあえ>
・グリーンアスパラ 4本(100g)

・塩 小さじ1/5

・粒マスタード 小さじ1

【つくり方】

耐熱ボウルにアスパラ

(1) アスパラは根元のかたい部分を5cmほどピーラーでむき、3~4cm長さに切る。耐熱容器(直径12×高さ6cmくらいの耐熱ボウルなど)に入れて塩をふり、粒マスタードをのせる。

耐熱ボウルに豚肉

(2) 豚肉は耐熱容器(直径12×高さ6cmくらいの耐熱ボウルなど)に入れ、混ぜたAをからめる。

(3) (1)、(2)にラップをかけて電子レンジに2つ一緒に入れ、600Wで4分加熱する。取り出してそのまま1分おく。それぞれよくからめ、アスパラは汁気をきる。

●超速のり鮭弁当

のり鮭弁当
切り身を使って魚を切る手間なし! のり鮭弁当

【材料(1人分)




<塩鮭>
・甘塩鮭(切り身) 1切れ(100g)

・酒 小さじ1

<ピーマンのキンピラ>
・ピーマン 3個(100g)

・A(しょうゆ、砂糖 各小さじ1)

【つくり方】

ボウルにピーマン

(1) ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を除き、タテに細切りにして、耐熱容器(直径12×高さ6cmくらいの耐熱ボウルなど)に入れる。Aをかける。

耐熱皿に塩鮭

(2) 鮭は耐熱皿(直径24cmくらい)にのせ、酒をかける。

(3) (1)、(2)にラップをかけて電子レンジに2つ一緒に入れ、600Wで4分加熱する。取り出してそのまま1分おく。ピーマンはよくからめて汁気をきる。

【つめ方】

弁当箱にご飯をつめて冷まし、のりを敷いて、塩鮭とピーマンのキンピラをのせます。刻んだたくあんをのせると、彩りもばっちりです!

藤井恵さんのお弁当レシピ本『

超速! レンチン弁当

』では、ほかにも、材料2つだけ、2品同時にレンチン4分でつくれるお弁当レシピを多数掲載しています。お弁当づくりをラクにしたい人は必見です。