漫画家・エッセイストの瀧波ユカリさんが、ESSE読者の悩みに答えます。
今回は「家事や育児をまったくしない夫に諦めもあるけれど、モヤモヤする…」というお悩みについてです。

イラスト父母子
家事・育児をまったくしない夫にモヤモヤ

家事や育児をまったくしない夫。諦めてはいるけれど…

【お悩み】

午前中の在宅ワークで家計を補助しつつ、家事や育児をすべてひとりでやっています。夫はお昼を家で食べるので、支度をして片づけていると、あっという間に子どもたちが帰ってきます。夫に「たまにでいいから掃除や食器洗いなど手伝ってほしい」と言うと、「家にいるんだからそれくらいやるべき」と言われ…。

私の体調が悪いときも、限界になり申告しない限り気づいてもらえません。希望して専業主婦になったので文句は言えないけど、もう少し思いやりがあってもいいのでは?
(Iさん・秋田県・32歳、夫31歳、長女7歳、二女3歳)

【瀧波ユカリさんの回答】

待って待って~! Iさん、「希望して専業主婦になったので、文句は言えない」って言ってるけど、今は専業じゃないですよね? 在宅ワークだって仕事ですよ!

●状況は日々変わるもの。まずは今の状況を夫に理解させて

「専業主婦だから家のことは全部やる」って相互認識が結婚当初にあったとしても、状況って日々変わりますよね。家事の量も質も、子どもの人数や年齢によって違ってくる。仕事を始めることだってある。そして実際にIさんは現在、忙しくて手が回らない状態になっている。なのに夫が「家にいるんだからそれくらいやるべき」なんて言えてしまうのは、

状況を理解していないか、理解しているのに見て見ないふりをしているかのどちらか

ではないでしょうか。

なので、まず状況を理解させましょう。話したいことがあるときり出し、自分がしているすべての家事の説明をする。掃除、洗濯、食事の支度、幼稚園や学校の準備、宿題の見守り、全部です。そのうえで、助けを必要としている、協力してほしいと伝えるのです。

言っても変わるわけないと思っても、言ってください。これは「言ったぞ」というアリバイづくりでもあるので!

●どう説明しても理解がない場合の対処法

イラスト夫婦と円グラフ

しっかり説明しても「自分は稼いでいるから家のことはしたくない」と言うなら、

「見て見ないふり」確定ですね。そんな奴は許してはおけません(笑)

。自分だって稼いでいると堂々と主張しましょう。

「家計の100%を稼いでいれば家事をやらなくてもいいってこと? 待ってよ、私は在宅ワークで全体の数%を稼いでいるよ。だから家事の数%はあなたがやるべきじゃない?」「あなたが家事をやらないなら、在宅ワークの収入は全部自分のものにするね。それでいい?」というように、理屈で来るなら理屈で返しましょう。

そして、そもそも稼ぎは関係なく、相手が疲れていたら手を差し伸べるのが当たり前じゃないの? ということも言っておきましょう。それにも理解を示さないなら、昼飯なんて出す必要ありません。ボイコットを。

●「優しくしないと怒られる」くらいの緊張感を与えて

Iさんは「言い争いを避けたいので夫への期待はもたない」「なにか頼んでもイヤな顔をされるだけなので自分で動いた方が気がラク」と言いますが、それだと相手の思うつぼです。俺が優しくしなくてもこいつは俺に怒らない、となめられるばかりです。

言いたいことを言うとまあ大抵は「こいつ面倒な女だな」って思われます。でも、それでいいんですよ。

「優しくしないと怒られる」くらいの緊張感を与えて、見て見ないふりをする卑怯者から真人間に戻してやりましょう。

まずは説明をし、理解と協力を求める。それを拒むなら、交渉を。それすら拒むなら、怒りの表明とボイコットを。応援しています!

◆瀧波ユカリさんのお悩み相談はこちらもチェック◆

家事が効率よくできない「指示待ち夫」にイライラ。現状打破の方法は?老いた母親が愚痴っぽく…娘としてどうつき合うべき?自分とまったく性格が違う娘への対応に困惑…どうしたら?

【瀧波ユカリさん】

1980年、北海道生まれ。漫画家、エッセイスト。アニメ化もされた『臨死!! 江古田ちゃん』(講談社刊)でデビュー。著書に『

30と40のあいだ』(幻冬舎刊)『ありがとうって言えたなら』(文藝春秋刊)など