自粛期間中に生活スタイルが変わり、自分の持ちものを見直す機会が増えたのではないでしょうか?
「あっこたん」の愛称で親しまれる、50代のファッションブロガーの金子敦子さんも、自分の日常を豊かにする服だけを残そうと服や小物の大整理を行った一人です。

白コーデ女性
かねこあつこさん

50代のファッションブロガーの金子敦子さんの愛用品

ここでは、手放した服と手元に残した服について教えてもらいました。

●靴も服も動きやすいもの、軽いものだけに

「手放したのは重いコートや硬いジーンズ、足の上がらないパンツなど。それに、トゥの細い華奢な靴やヒールの靴も、私はもうはかないなと。ノーヒールで大地を踏みしめて歩いています(笑)」

金子さんは買い物や散歩に、バレエのレッスンにと、とにかく毎日たくさん歩く生活を送っており、そんな「自分に合ったスタイル」を見つめ直して服を整理しました。クローゼットに残ったのはシルク、リネン、メリノウールなどの着心地のいい服とアウトドア系のハイテク素材の服なんだそう。

袋を持つ女性
カーディガンはユライヤのもの。パンツは自身が大好きなショップと協力して制作

白のリネンパンツは金子さんの春夏スタイルに欠かせません。見た瞬間に惹かれたというイエローのカーディガンは、軽やかなシルク素材で肌触りも抜群。

靴3足

“ビボベアフット”というイギリスの靴ブランドにハマっている金子さん。「足裏で地面を感じる足裏の感覚は、ほかにはない気持ちよさ!」

●金子さんの着こなし術とは

金子さんは“3色以内”をマイルールとし、“親しみやすくてチャーミング”をおしゃれのテーマにコーディネートを考えます。

空色シャツワンピースコーデ

先ほど登場したパンツの着まわしコーデ。くり返し洗って着られる空色のシャツワンピースを洗いざらしでさらりと羽織ります。

茶コーデ
リュトモスの黒バッグで全身を大人っぽく演出

さらに着まわし。黒のレザー小物を使うと、シンプルな着こなしにも大人っぽいメリハリをプラスさせることができるといいます。

ただ持っている服を整理するのではなく、「自分に合うスタイル」の基準を見つめ直しながらおしゃれを楽しむのはいかがでしょうか? ここで紹介した以外の金子さんの着こなしや、大人がワクワクするおしゃれ情報が、『

これからの私が似合う服

』春夏号(扶桑社刊)に多数掲載されています。おしゃれの参考にぜひチェックしてみてください。


【金子敦子さん】

1962年生まれ。看護師を経て日々の着こなしを自撮りで紹介するブログ『

命短し恋せよ乙女★50代の毎日コーデ』をスタート。「あっこたん」の愛称で親しまれる人気ブロガーに。