夏服を美しく着こなしたい…そんなときは家でできる簡単エクササイズに挑戦してみませんか?
ESSEでも大人気の美容家・神崎恵さんのほか、多くのモデルや芸能人も絶大な信頼を寄せるカリスマパーソナルトレーナーが提唱する「ほぐピラ」で、すっきり美しい体になりましょう。

ESSEオリジナル。おなか&下半身スッキリ!プログラム「寝っ転がりほぐピラ」

親指を立てる女性
まずはトライ!

今回は、星野さんがESSE読者に向けて特別なプログラムを考案。
「ESSE世代が気になりがちな、おなかや下半身を引き締めるプログラム。写真どおりにできなくても、自分の体の感覚に意識を向けてみて」

●使う道具はコレ!

【フォームローラー】

ピンクフォームローラー

突起があることで筋肉の奥まで刺激が届き、深部までほぐせます。おすすめは「ランブルローラー」ですが、家にあるものでOK。

・¥9240(fitnesslifeplan)

【手づくりでもできる】

タオルなど

フォームローラーがなければ、手づくりも可能。

タオルで巻いたローラー

ラップの芯にフェイスタオル2枚を重ねて巻き、凹凸ができるよう輪ゴムで留めて手づくりしてみて。

ウエストくびれほぐピラ

凝り固まりやすいすねの横の筋肉をほぐしながら、脇腹の筋肉を動かし、ウエストのくびれをつくります。左右それぞれ10回を目安に、自分が気持ちいいと感じる回数で行って。

【始める前後で確認を!】

横になって「く」の字
可動域をチェックしよう

ほぐピラを始める前とあとに、フォームローラーを使わないで同様の動きをやってみましょう。ローラーを使って動いた前とあとでは、動きやすさが変わるのを実感できるはず。

1:横向きに寝そべり、ローラーにすねの横をのせて背中を丸める

横向き足にローラー
・みぞおちを引いて背中を丸める・あごは軽く引く

横向きに寝て下側の手で頭を支え、上側の手は床につけて、フォームローラーにすねの横をのせる。気持ちいいと感じる場所を探り、足首は曲げる。みぞおちを引き、背中を丸める。

2:両脚をそろえたままひざを上下させる

横になって左手は頭の下
・肩や首は力まない・ローラーは当たって気持ちのいい場所に・両足をそろえる

ウエストがねじれるのを意識しながら、両脚をそろえてひざを天井に向け、床に下ろすを繰り返す。余裕があれば、足に合わせて頭を上下させても◎。1~2を反対側も同様に、左右10回ずつ行う。

脚とローラー

横から見た図。

<NG>

横向きで腰が反っている状態

腰を反らせたり、あごが上がってしまったりしないように。

女性
脇腹の腹筋を意識!

しっかりとみぞおちを引き、背中を丸めて肩の力を抜きましょう。

星野由香さんがESSEオリジナルとして提案をしてくれた「寝っ転がりほぐピラ」は、YouTube「エッセチャンネル」にて動画を公開中。動きをチェックしてみて!