大人のヘア問題白黒つけます

梅雨のジメジメは髪への影響も大きく、広がりやうねりが気になる人も多い時季。

そこで、女性の髪問題に詳しいヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さんと人気ヘアサロンMINXのディレクター・八木花子(やぎちゃん)さんに、梅雨シーズンにぴったりなロングヘアのヘアアレンジとその方法をわかりやすく教えてもらいました。まねしやすい動画も要チェックです!

動画つきでわかりやすい!梅雨時期の簡単ヘアアレンジ

さとゆみ:

梅雨! しんどいですね…。

八木ちゃん:

この時期は、広がったりうねったりする髪をどうすればいいか悩む人も多いですよね。

さとゆみ:

できればすっきりまとめたい。

八木ちゃん:

そういう方のために、今回は手取り足取り、細かく解説します。

ロング女性正面
梅雨にぴったりなロングヘアアレンジを2つご紹介

●ヘアクリップを使えば、ロングでも手間なくきれいにまとまる

八木ちゃん:

いちばん簡単なまとめ髪は、クリップを使うこと。最近では100円ショップなどでも売っているので、そういうものを上手に活用して、手間なくまとめ髪にしましょう。

さとゆみ:

今回のアレンジは、鎖骨下の長さがあれば可能です。短い人は小さめのクリップを用意してくださいね。

クリップ2つ

今回使用したクリップ。左はオールアップまとめ髪に使ったクリップ。ワニクリップやバンスクリップなどと呼ばれる。右はハーフアップに使ったシンプルなクリップ(先がとがったくちばしクリップでもOK)

●アレンジ1:オールアップヘアは、ゴム→クリップを使えばくずれない

オールアップ
後頭部の高さが上品な印象のまとめ髪
八木ちゃん:

最初に、全部の髪をまとめあげるオールアップについて解説します。

髪を触る女性
髪になじませやすいワックスや、バームなどを中間~毛先にしっかりなじませておくとくずれにくい
八木ちゃん:髪

がさらさらしてくずれやすい人の場合は、最初に中間〜毛先の髪にワックスなどをなじませておくといいですよ。

(1) 髪をひとつに結ぶ

耳下くらいの位置で髪をひとつに結ぶ
耳下くらいの位置で髪をひとつに結ぶ
八木ちゃん:

最初に、耳下くらいの位置で髪をひとつに結びます。

さとゆみ:

ゴムで結ばずにまとめてもいいけれど、一度ゴムで結んでおくと、圧倒的にくずれなくていいですよね。

八木ちゃん:

そうなんです。このゴムはあとで隠れるので、普通の黒ゴムでOKです。

(2) 結んだ髪をねじり上げる

結んだ髪をねじり上げる
しっかりときつめにねじりあげるのがポイント
八木ちゃん:

次に、結んだ髪を上方向にねじり上げます。

(3) 長めの人はおだんごをつくる

おだんごをつくる
ねじりあげた髪を指に巻きつけておだんごに
八木ちゃん:

短い人であれば、このままクリップをつけていいですし、長い人なら、ここで毛束を丸めておだんごをつくります。

(4) クリップでまとめた部分を挟む

クリップでまとめた部分を挟む
八木ちゃん:

クリップで髪を留めます。地肌に近い髪と、ねじりあげた髪の両方をはさみ込んで。

クリップで髪を留めたあと
髪を留めたあとはこんな感じ

(5) 後頭部の髪を引き出し、高さを出す

クリップをしっかり押さえてくずれないようにしながら、後頭部を持ち上げる
クリップをしっかり押さえてくずれないようにしながら、後頭部を持ち上げる
さとゆみ:

後頭部にボリュームを出すのもポイントですよね。

八木ちゃん:

片方の手でクリップを押さえた状態で、後頭部の毛を指でつまんで持ち上げます。

完成したオールアップ
衿足の毛が落ちてくるときは、ワックスやスプレーで抑えて
八木ちゃん:

これで完成です。

さとゆみ:

後頭部に高さがあると、横顔もすごくきれいですよね。

<オールアップヘアのつくり方を動画でチェック!>

※動画は髪をまとめるところまでですので、そのあとに後頭部にボリュームを出して整えてください。