最近雑誌やテレビでも注目されている「フェムテック」。女性の健康をテクノロジーで解決・サポートするサービスや商品のことを指し、「フェムケア(女性が不快と感じたり我慢していることを改善するアプローチ)」と合わせて、日本でも少しずつ浸透し始めてきています。

そんなフェムテック、フェムケア商品のひとつで、今話題なのがナプキン不要の「生理用吸水ショーツ」。

生理用吸水ショーツと袋
ナプキン不要の生理用吸水ショーツ

ここでは、生理用吸水ショーツを昨年秋から愛用しているという、サスティナブルな暮らしが国内外で人気なインスタグラマーの野村蘭さん(現在40代で中高生の2人の娘をもちフルタイムで働くワーキングマザー)に、気になるはき心地やその実力について詳しく教えてもらいました。

フェムテックで話題の「生理用吸水ショーツ」着用レポート

窓際に人
ナプキンいらずの生理用吸水ショーツって?(※写真はイメージです)

海外では女性に人気の「生理用吸水ショーツ」。日本でも少しずつ聞くようになってきました。
聞いたことはあるけれど、どういうものなんだろうと思っている人も多いのでは。今回は、初めて耳にする方、気になってはいるけれどまだ使ったことがないという方に向け、生理用吸水ショーツの魅力についてご説明します。

●生理用吸水ショーツってどういうもの?

生理用吸水ショーツとは、洗って繰り返し使用できる、経血を吸収してくれるショーツです。吸水パッドとショーツが一体型になっているので、生理のときにナプキンなしで、このショーツのみで過ごすことができます。

ショーツの吸水部分を触る様子

私が愛用しているのは、アメリカ生まれの「Lilova(リロバ)」というブランドのもの。日本でも取り扱っているネットショップなどがありますが、私はアメリカのサイトでセールのときに25ドルくらいで購入しました。ほかの海外ブランドのものも使用しましたが、こちらはオーガニックコットン95%の生地に惹かれました。

生理用吸水ショーツは、「Nagi」や「PlayS(プレイショーツ)」、「BéーA」など日本発のブランドも増えていていて、価格は4000~6000円が一般的。

見た目は、少し厚めのショーツといった感じで、普通のショーツとほとんど変わりません。ナプキンなしだと漏れてしまわないか心配だと思いますが、吸収力が高い素材を使っているので、しっかり吸収してくれます。

●生理用吸水ショーツの使い方、お手入れ方法

生理用吸水ショーツには、生理の日にそのまま履くだけ。生理用吸水ショーツには、多い日用のサイズ、軽い日用のサイズに分かれているものもあり、その日の経血量によって選ぶことができます。

初めて生理用吸水ショーツを使うときは、まずは、漏れたりしない経血量の少ない日から試してみることをおすすめします。とくに多い日は、ナプキンを重ねて使うこともできます。ナプキンから漏れても、ショーツ自体が吸収してくれるので安心です。

また、生理用吸水ショーツは、毎回洗って何度も使えます。使用後は冷水ですすぎをして、あとは、いつもの洗濯と同じように洗濯機で洗って干せばOKです。半年以上使っていますが、月に1度のことなので、まだまだ問題なく使えそうです。

※正しい使用法、お手入れ方法は商品の説明書に従ってください。