今年も残すところ1か月をきりましたが、新年のおせちはなにを用意するかもう決めましたか?
高価なおせちをオーダーするのもいいけど、せっかくのお正月だから、手づくりしてみるのもオススメです。

料理研究家の市瀬悦子さんが、フライパンで手軽につくれるローストビーフをメインにした「洋風おせち」を教えてくれました。

簡単メニューを3品つくればOK!ローストビーフが主役の「洋風おせち」

おせちのごちそうメニューの定番となりつつある「ローストビーフ」。難しそうに思えますが、フライパンを使えば、まるでレストランのような一品が簡単につくれます。

「つけ合わせは、黒豆やかまぼこといった定番おせちメニューを、ローストビーフに合わせて洋風仕立てに。この3つをつくってお重につめるだけで、洋風おせちの完成です」と市瀬さん。彩りもよく、子どもから大人まで喜ばれるメニューです。

●フライパンローストビーフ

おせち
クレソンなどを添えて彩りよく

【材料(つくりやすい分量)




・牛モモかたまり肉(4~5cm厚さのもの) 400g

・A[砂糖小さじ1/2 塩小さじ1 コショウ小さじ1/3]

・タマネギ 1/4個

・サラダ油 大さじ1/2

・セロリの葉 1本分

・赤ワイン 大さじ5

・B[ニンニク(すりおろす)少し しょうゆ大さじ1と1/2 砂糖大さじ1]

・ベビーリーフ、クレソン 各適量

【つくり方】

お肉に砂糖をなじませる

(1) 牛肉は冷蔵庫から取り出して室温に1時間ほどおき、Aをすり込んでなじませる。タマネギは縦に薄切りにする。

フライパンにお肉

(2) フライパンにサラダ油を中火で熱し、(1)の牛肉を入れる。大きな面をこんがりと焼き色がつくまで1分30秒ほど焼き、転がしてほかの大きな面も同様に焼く。さらに両端の小さな面をそれぞれ30秒ほど焼き、取り出す。

フライパンにお肉と野菜に調味料を加える

(3) (2)のフライパンをきれいにして、中央に(1)のタマネギ、セロリの葉を広げて入れ、(2)の牛肉をのせる。赤ワイン大さじ2を加えてフタをし、弱火で熱して4分ほど蒸し焼きにする。上下を返して再度フタをし、3分ほど蒸し焼きにする。

※牛肉に竹串を刺して下唇に当て、ぬるい温かさを感じればOK。冷たい場合は再度両面を2分ずつ蒸し焼きにする
お肉をアルミホイルで包む様子

(4) アルミ箔を25×40cmに2枚切って重ね、(3)を野菜ごとのせて包む。室温に1時間ほどおいて肉汁を落ち着かせ、余熱で火をとおす。アルミ箔から牛肉を取り出し、3mm厚さに切る。アルミ箔に残った肉汁をフライパンに入れて赤ワイン大さじ3、Bを加えて中火で熱し、2分ほど煮つめてソースをつくる。器にベビーリーフ、クレソンを入れて牛肉をのせ、ソースを添える。

[1/4量320kcal]

●かまぼこと紫タマネギのマリネ

かまぼこと紫タマネギのマリネ

【材料(4人分)




・かまぼこ 100g

・紫タマネギ 1/2個

・A[オリーブオイル大さじ4 レモン汁の絞り汁大さじ1と1/2 塩小さじ1/3 コショウ少し]

【つくり方】

(1) かまぼこはごく薄切りにする。紫タマネギは縦に薄切りにする。

(2) バットにAを入れて混ぜ、(1)を加えてあえる。

[1人分145kcal]

●黒豆チーズのタルティーヌ

黒豆チーズのタルティーヌ

【材料(つくりやすい分量)




・黒豆の甘煮 70g

・クリームチーズ 160g

・バゲット 適量

【つくり方】

(1) クリームチーズは冷蔵庫から取り出し、室温に15分ほどおく。

(2) バゲットは食べやすい厚さに切る。

(3) ボウルに(1)を入れ、ゴムベラでやわらかくなるまで練り混ぜる。黒豆を加えてさっと混ぜ、(2)に均等にのせる。

[1人分108kcal]

ESSE1月号

の「ローストビーフ&チャーシューが主役! 和・洋・中おせち」では、「洋風おせち」のほかに「チャーシューが主役の中華おせち」や「時短でつくれる! 和の定番おせち」も紹介。切り取って保存しておけるので、おせちづくりに役立ちます!