朝晩はぐっと冷え込む日が多くなってきましたね。温かい料理が恋しくなる季節です。今回は共働き料理家のぐっち夫婦に豆腐を使ったポカポカ温まる、「温やっこ」のレシピを教えてもらいました。

キノコの温やっこを持つ様子
寒い日にしみわたるキノコの温やっこ

めんつゆで味が決まる「キノコの温やっこ」。寒い日の「あと一品」に嬉しい

夏の間はたくさん食べた冷ややっこ。ヘルシーで、あと一品というときにも重宝しますよね。でもこれからの季節のお豆腐は、体を温める「温やっこ」にしていただきましょう!

今回は、シイタケとエノキを使って、あんかけ仕立てに。味つけはめんつゆで簡単! すりおろしショウガ(チューブでもOK)とあんかけのおかげでポカポカ温まる一品に仕上がります。三つ葉のシャキシャキとした食感もいいアクセントになるので、あればぜひ入れてくださいね。

●キノコの温やっこ

豆腐やキノコなど

【材料(2人分)】




・絹豆腐 2個(1個あたり150g)

・シイタケ 1個

・エノキ 1/2個

・三つ葉 少量(なければ青ネギでも)

・水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1 水大さじ1)

・A[めんつゆ(2倍濃縮)大さじ2 水200ml すりおろしショウガ少量]

【つくり方】

耐熱皿の豆腐にラップ

(1) 耐熱皿に豆腐を入れてラップをし、電子レンジ600Wで2~3分加熱する。

カットしたキノコ

(2) シイタケは薄切りに、エノキは2cm幅に、三つ葉は2~3cm幅に切る。

お鍋にキノコ

(3) 小鍋にAを入れて沸かし、シイタケとエノキを入れる。

水溶き片栗粉を入れる様子

(4) キノコに火が通ってきたら一度火を止め、水溶き片栗粉を入れて混ぜ、再加熱し、とろみをつける。

キノコの温やっこ

(5) (1)の水気をきって皿に盛り、(4)をかけ、三つ葉をのせる。

[1人前 126kcal]

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2018年

【栄養士コメント】 

寒くなるこれからの季節におすすめの温やっこです。ショウガを入れて温めて食べることで、体が温まり免疫力アップにもつながります。