来客の多い時期。ものが多くて片づかないお宅も、せめてリビングだけでもきれいにしたいものです。

ここではESSE読者が、家事代行マッチングサービス

「タスカジ」

のカリスマハウスキーパー・ミホさんに、来客前に5分間でできる「部屋リセット術」を教わりました。
視線が行きがちな場所だけ整える速攻ワザは必見です。

「5分リセット」にウェットティッシュがお役立ち
「5分リセット」にウェットティッシュがお役立ち

ごちゃごちゃしやすいリビングを速攻できれいに見せるテク

●窓・ドアをあけて換気する

女性二人窓を開ける
まずはここからスタート!

じつは、閉めきった部屋の空気はかなりよどみ、においも充満しているもの。

「風の通り道をつくってフレッシュな空気を取り込み、室内の空気を循環させましょう。窓は全開にせず、網戸の状態でもOK。その間、換気扇を回すとより効果的ですよ」

●視線の集まるところのホコリを払う

テレビ上ホコリとり

来客の視線が行きやすいのは、目から下にかけてのエリア。

時計上ホコリとり
なでるように

「テレビの上部や置き時計などの上の“厚み”がある部分にホコリがあると、“汚れている”という印象をもたれやすいもの。ハンディモップで集中的にホコリを絡め取りましょう」

・ウェットティッシュで視線の高さの壁をふく

液体や食べ物が飛び散って固まった汚れやベタつきは、ウェットティッシュでふやかしてからオフ。強くこすらず、軽くたたくようにふいて。

●散らかっているものはカゴなどに入れて別室に

女性オモチャ収納

生活感が漂いがちな日用品や、子どものオモチャ、絵本類は、ひとまず大きなカゴに放り込み、平面にものが散らばっていない状態をつくります。

「そのカゴごと来客者が立ち入らない部屋に移せば、スピーディーにスッキリ片づきます」

●しまう入れ物は紙袋などでも十分!
紙袋収納
さらにココも!

とりあえず用のカゴは、ジャンルやもち主別に用意しておくとその後の片づけもラクチン。カゴ以外に、紙袋やエコバッグを使っても。

●掃除機はNG!フロアモップでふき掃除

掃除機はホコリが舞うため、来客直前の使用は避けたいもの。フロアモップを使うのがおすすめです。
「このときNGなのはゴシゴシこすること。モップ面に均等に力が入らないので、両手で持って軽く滑らせる方が汚れが吸着しやすくなります」

女性二人フロアモップで掃除
力は入れずにそ~っとそ~っと♪
・すみに集めたホコリだけ掃除機で吸う
掃除機
さらにココも!

シートに吸着しきれないゴミがあったら、部屋のすみの一か所に集め、まとめて掃除機で吸い取って。これならホコリ立ちも最小限。