食べ疲れないのにちょっぴりおしゃれで自己肯定感の上がる、“新しい家庭料理”のレシピを発信している、料理家の長谷川あかりさん。「身近な食材で簡単ごちそう」をテーマにした連載が始まります。今回の食材は、豆腐です。

関連記事

1週間の食費5300円。「達人」の買い物ルールから献立まで全部見せ

長谷川あかりさんの「カニカマ豆腐蒸し」レシピ

カニかま豆腐蒸し
カニカマ豆腐蒸し
すべての画像を見る(全4枚)

年末年始で疲れた胃にやさしい、シンプルなのに滋味深い蒸し料理。あつあつ豆腐とカニカマの風味・うま味が日本酒に合います。タンパク質が豊富なので、メインおかずにも。本格的な味わいに驚くこと間違いなしの一品です。

●カニカマ豆腐蒸し

材料(2人分)

  • 絹豆腐 1丁
  • カニカマ 70g
  • A[おろしショウガ小さじ1 片栗粉小さじ1 しょうゆ小さじ1/2 塩少々]
  • 塩 少々
  • 料理酒・水 各大さじ2
  • 片栗粉 適量
  • 三つ葉(刻む) 適量
  • ポン酢しょうゆ 適量

【つくり方】

(1) カニカマはみじん切りにして、Aとよく混ぜる。豆腐はキッチンペーパーにくるみ、10分程度軽く水きりしておく。

豆腐をくりぬく

(2) 豆腐は4等分に切り、スプーン等でそれぞれの中央を底が抜けないようにくりぬき、まんべんなく塩をふる。

カニかまを豆腐につめる

(3) くりぬいた部分に片栗粉を薄くまぶし、(1)のカニカマをつめる。

鍋で蒸す

(4) 深めのフライパンに(3)を入れ、料理酒と水を加え、水気がなくなるまで弱めの中火で10分間蒸す。

(5) フライ返し等で豆腐を崩さないように器に盛ったら、三つ葉をのせ、ポン酢しょうゆをかけて完成。

 

蒸した豆腐は、しっとりとし、うま味が凝縮。豆腐のくりぬいた部分は、みそ汁の具などとして使うのがおすすめです。