イラストレーターの岩沢さんは、もとはシェルターに引き取られた保護犬だった柴犬系の雑種犬ふうちゃんとオットの3人暮らし。初めて保護犬と暮らす驚きを漫画でつづります。今回は、ふうちゃんが初めて体調を崩してしまったお話です。

◆前回のお話はこちらから◆

おうち時間で犬にも変化が。コロナ禍がもたらしたショックなこと

イラストレーターの岩沢さんは、もとはシェルターに引き取られた保護犬だった柴犬系の雑種犬ふうちゃんとオットの3人暮らし…

ふうちゃんが初めて体調を崩した日

まんが
すべての画像を見る(全2枚)

● お薬を飲むのは犬も人間も大変

幸運なことに、わが家に来てから6年以上健康に過ごしていたふうちゃん。体調を崩すのが初めてだったので、かなりあわてました。

お薬を飲むための補助食品は、ふうちゃんがささみ味大好きだからうまくいったんだと思います。なので、補助食品を使い切ったあとは、つぶしたさつまいもにささみ味のちゅ〇るを混ぜ込んだものでお薬を包んでみました。

薬を飲む犬

そうしたら…こちらは大成功! ひとくちでサッと飲んでくれました。よかった~。

ふうちゃんも推定10才となり、これから病気をしたりお薬を飲む機会も増えるかもしれません。今回のことはいざその時が来たらどうするか、考えるきっかけになりました。

このお話のつづきは、3月4日に公開予定です。

 

50代からの毎日を応援する記事多数!「これからの暮らし by ESSEonline」はこちら