猛威を振るい続ける新型コロナウイルス。日本国内の感染者数は、7月27日時点でのべ88万人を超えました。
ワクチン接種も進んでいますが、まだ十分とは言えません。
ここでは20~40代のESSE読者333人に緊急アンケートを実施。ワクチン接種への考え方について聞きました。

予診票
ワクチン接種に関するアンケート調査

新型コロナウイルスのワクチン接種、「賛成」「反対」「様子見」それぞれの理由

答えてくれた333人のうち、返答時にすでにワクチンを接種ずみだったのは24人。残り309人が未接種でした。

自分自身のワクチン接種についての考え方グラフ

そのうち、「なるべく早く接種したい」が130人、「接種するかまだ様子見」が147人、「絶対に接種したくない」が26人、その他が6人という結果に。

それぞれの意見を聞きました。

●なるべく早く接種したい人の意見

「少しでも早く元の生活に戻るには、集団免疫の獲得が欠かせないと思うので、少しでも早くに摂取をしたい。また、ワクチン接種をしないと、実家などにも帰りにくい。コロナ禍になってから帰れていない実家にも1日も早く帰りたいので。副作用なども少しは気になるものの、ほかの予防接種も含めてノーリスクのものはないと思う」(青森県・27歳)

「副作用はあるといっても、コロナにかかるくらいなら、早く打ちたい」(神奈川県・36歳)

「遠方に住む母が介護施設にお世話になっているので、面会する機会がかなうならば、施設への配慮から、自分自身もワクチン接種を受けておきたい」(石川県・41歳)

「本当は接種したくないが、通勤ラッシュで仕事に行くので接種しなきゃいけないかな、と思わせられます。また職場のみんなの感染対策の手洗いうがい、除菌の様子を見ると、一人感染したらクラスターになりそうで怖いので、予防接種するしかなさそうです」(宮城県・31歳)

「もちろん、自分が感染したくないというのもありますが、少しでも感染する人が減り、医療者の負担を減らしたい一心です。夫は医師ですが、疲弊しています」(北海道・34歳)

●絶対に接種したくない人の意見

「外国製で、できるのが早すぎると思いました。一応医療従事者ですが、ひとまず断りました。ちょっと実験台にされている気がして…。同僚が『将来的に病気になったりすると思う』と言っていたのも気になるし、手洗いなどで防げるなら、無理に体に異物を入れなくてもいいのかなと思いました」(広島県・31歳)

「薬の開発には本来何年もかかるものなのに、1年たらずで開発されたものを摂取するのは怖い。何年後かに、副作用が出る可能性も考えると、ワクチン接種するより、日頃の予防と免疫アップの方がいい」(三重県・29歳)

「個人病院のサイトを見ていると、打つのは絶対やめましょうって書かれてるところが多い。将来どんな副作用があるかわからないので打ちたくないです」(埼玉県・37歳)