人生が100年だとすると、折返し地点にあたる50代。
「老後に備えてものの数を減らし、小さな暮らしに切り替えるのにちょうどいいタイミングです」と話すのは、60代ミニマリストでカナダ在住のブロガー・筆子さん。

ものがあふれる暮らしから、ものを減らす暮らしに切り替えて30年以上。現在もものとのつき合い方について発信する筆子さんに、自身の経験から実感する、50歳をすぎたら見直すべき「キッチンでたまりがちなもの」について教えていただきました。

黄色鍋があるキッチン
50代から見直したいキッチングッズリスト(※写真はイメージです)

ミニマリストも実践!50代から減らしたいキッチンアイテムリスト

まだまだ体も動く50代の今から暮らしを小さくしておくと、年金生活になっても、みじめな気持ちにならないし、老後のダウンサイジングにもスムーズに対応できます。というのも、そもそも、ものが少ない方が、料理や掃除など、ふだんの家事がずっと楽だからです。

カナダに来てからずっと小さなキッチンを使っていますが、水きりカゴ、洗いおけ、キッチンマットなど、すべて取り去ったら、スムーズに料理できるようになりました。

キッチン
すっきりとした筆子さんのキッチン

シンクのカウンターには、私と夫が毎日使うミキサーと食器洗い洗剤、トースターのみ置いています。キッチンのカウンターにものがたくさん出ていると、見るだけでうんざりして、料理する気がなくなるし、まず、片づけて、それから調理しなければならないので作業量が増えます。

暮らしを小さくするために、50代のうちに見直しておきたいものや、もう捨てたほうがいいもののなかから、今回は、キッチンで「見直したい7つのもの」をご紹介します。

●その1:多すぎるマグカップやコップ

たくさんのグラスなど
(※写真はイメージです)

50代になると、子どもが巣立ち始めるので、家族の人数は減ります。そんなとき、たくさんの食器は不要です。多すぎる食器は皆、見直すべきですが、とくに増えがちなマグやコップから、整理を始めましょう。

マグやコップはお土産やプレゼント、粗品でもらうことも多いもの。よく使う、お気に入りのものだけ残して、めったに使わないものは、処分がおすすめです。

●その2:重い食器や調理器具

黒フライパンなど
(※写真はイメージです)

これからだんだん体力がなくなっていくので、重い食器や、重すぎる調理雑貨は積極的に捨てましょう。重い食器は洗うのもしまうのも疲れます。今は元気でも、ある日、突然、50肩になってしまうかもしれません。

おしゃれな鋳物の鍋が人気ですが、見た目よりも、実用性を重視したほうが、心身ともに軽やかな生活になります。

●その3:お菓子づくりやお弁当グッズ

青皿にお菓子
(※写真はイメージです)

手づくり志向でない人も、子どもが小さいときは、ちょっとしたお菓子をつくったり、かわいいお弁当を用意したりするものです。現在60代の私(39才で子どもを出産)も、40代の頃は、毎日のようにお菓子を焼いていました。

そんな時代にたくさんそろえたお菓子づくりの道具や、お弁当グッズが残っていませんか? どれも、こまごまとして、収納しにくいものばかりです。

もう使わないなら、処分しましょう。「今でもときどきはつくる」と思う人も、よく使うシンプルな型やツールだけを残せば、これからもお菓子つくりを楽しめます。