3組に1組は離婚している時代ですが、いざ離婚しようとなっても簡単なことではありません。
長年連れ添った配偶者との離婚を決める際、さまざまな事情があります。ここでは、20年の結婚生活にピリオドを打ったという佐藤まどかさん(仮名・48歳)にお話を伺いました。夫の不貞、借金が発覚し、離婚をして家を出るまでに一週間。その間に起こったことを語ってくれました。

離婚届の上で指輪を外す様子
夫と離婚したい。そう決めてからわずか一週間で家を出た佐藤さんにお話を聞きました(※写真はイメージです。以下同)

長年のモラハラ、借金…夫と離婚を決めて一週間で家を出た経緯

結婚生活20年、2度目の離婚となった佐藤さん。
再婚当初は、1歳になったばかりの息子を連れて、いちばん信頼できる“親友”と再婚したと思ったものの、夫の正体はモラハラ男。佐藤さんは年々ひどくなる夫のモラハラを我慢し、結果として夫が生活費を入れなった30代から40代半ばまで、夫を養っていました。家計も家事も育児も、“大黒柱”は佐藤さんでした。

ここでは、離婚の引き金になった夫の言動を振り返り、離婚届けを出すまでの経緯をお話しいただきました。

※ここからは、佐藤さんの語りで構成します。
※すでに離婚をしていますが、ここでは「夫」としています。

●セクキャバで月100万使う夫…店の売り上げを使い込み

夫は40代の前半でネットショップを始めましたが、家にお金を入れずに、そのお金で都内の高級ソープランドや名古屋の有名セクシーキャバクラ(セクキャバ)店に通うようになりました。夫が店を始めて3年後、私は46歳で会社を辞めて夫の店を手伝うことになりました。

夫は仕事を私に押しつけてほとんど事務所に現れず。それでも私がなんとか仕事を回して半年後に店の売上が2倍以上に伸びると、セクキャバに入り浸って毎月100万円以上を風俗につぎ込むようになりました。そしてある時、会社の資金繰りが苦しいので自己破産して「偽装離婚しよう」と私に言い出したのです。そういう話をした直後、腰が痛いと言って、そのまま入院してしまいました。

夫の不貞と使い込みがわかったのは、その入院中でした。夫が病院にいる間、偶然ソープ嬢やキャバクラ嬢とのメールや写真を発見したからです。後からわかったことですが、夫は事業資金として銀行から借り入れた1600万円を風俗に使ったうえ、私が貯めた息子の大学費用数百万円も使っていました。

これが離婚の大きな決め手です。ここから離婚に至るまでの一週間は本当に大変でした。

●税理士の義兄に相談して「証拠」を集める

私はキャバクラ嬢との写真やメールを発見すると、すぐに義兄にラインをしました。義兄は会計事務所の社長で税理士をしており、ことの経緯を説明し、アドバイスをもらおうと思ったのです。

義兄はすぐに返事をくれました。偽装離婚はそもそも犯罪であること、偽装離婚と知っていて届けを出すと、あとから認められない可能性もあること。そのため夫が自分の意志で離婚したことを示す音声を録音するように、というのが義兄のアドバイスでした。

●「離婚の意志を夫が示した証拠」を録音

病院のベッドにいる男性と立っている女性

翌朝、私は夫の病院に向かいました。病室に入る前にスマホの録音ボタンを押し、ポケットに入れます。そして夫と何気なく会話をし、それから切り出しました。

「離婚のことだけど、ちょっといい? 私も昨日調べたんだよね」

「いいけど、俺も気持ちのゆとりがないから、泣くとかやめてね」

「会社の資金ぐりが厳しくて離婚するっていうけど、偽装離婚って犯罪なんだよね。大丈夫なの?」

「役所がなにか言ってきたら別の場所に移動するかもだけど、大丈夫だよ。みんなやってるから。君に資金を移して財産保全する方が必要だから。それに離婚しておけば、なにかもめたときに君には害が及ばない。これは君と息子を守るためでもあるんだ」

「でも財産保全って、お金はほとんどないんでしょ?」

「そうだけど、細かいことはオレが考えるから。あくまでこれは偽装離婚だから」

「それを今言ったってことは、切羽詰まってるってこと?」

「うん、そう。君も、今さら本当に離婚しようとは思わないだろ? これまでどおりでいいよね? 偽装離婚したら君の名前で会社をつくって、今までどおりの仕事をすれば、生活くらいはなんとかなると思うんだ」

「え、私の名前で会社? そんなの必要なの?」

「社長っていっても君は名前だけだから。実質は俺がやるから」

「ふーん、じゃあとりあえず、いつでも必要な時に動けるように、離婚届を取ってきて離婚届を書いて準備しておいた方がいいね。それでいい?」

「うん…そうだね」

「じゃあ、明日取ってくるよ」

「うん」

こんな話を夫として、私は病室を出るとスマホの録音ボタンを切りました。なんとか夫が自ら離婚の意志を示し、離婚を了解している音声は撮れたはずです。