家族みんなで自宅で過ごす時間が増え、おうちの楽しみ方に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。
そこで、知的家事プロデューサーの本間朝子さんに、家族を巻き込んでレジャー感覚で楽しみながらできる家事アイデアを教えてもらいました。

家族を巻き込んで家事。家のものを処分してすっきりしたくなるアイデア3選

【アイデア1】古タオルを処分がてら、みんなで大掃除

ふき掃除をする女性と子ども
古タオルはこれを機に処分。家族で大掃除をしてみましょう

家族がそろっている今は、古タオルを使って窓掃除など、みんなでプチ大掃除がおすすめ! 家事も一気に片づいて一石二鳥です。この機会に古くなったタオルも一斉リセットすると、気持ちもいいですよ!

古タオルを詰めた牛乳パックにドレッシングなど

また、古タオルを捨てるときはこんな活用法も。賞味期限ぎれの調味料やドレッシング、古くなった液体タイプの化粧品などを捨てるときは、牛乳パックに古タオルを詰めて吸わせるといいんです。

【アイデア2】冷蔵庫や食品ストックを見直して手巻きずしパーティ

手巻きずしパーティ

梅雨前にぜひ冷蔵庫や食品ストックの見直しを。冷蔵庫の残りものや缶詰ストックなどで、手巻きずしやホットプレート料理を家族で楽しめば、パーティ気分。手巻きずしなら、準備の手間もありません!

ホットプレート料理

材料を切ったり並べたりするところから家族で一緒にやれば、今後のお手伝いのきっかけにもなります。家族に「料理を手伝って!」とダイレクトに言うと、いやがられてしまうことがありますが、ホットプレート料理にすると、鍋奉行のように自然と調理に参加してくれたり、家族が調理方法料理を覚えてくれたりするので、いつの間にか家事に参加してもらうことができ、いいことずくめなんです。

【アイデア3】衣類やオモチャを整理して家族でメルカリ体験

オモチャをスマホで撮影する様子

衣類やオモチャなど、不要なものを家族それぞれが持ち出し、メルカリに挑戦! 今は支出が増えがちですが、ちょっとした収入になれば、いつもより少し高いお肉が買えるかも!? ゲーム感覚で家族みんなで一緒にトライするのもおすすめです。新しいオモチャがほしいなら、古いものは処分するなど、子どもが自分で「いる」「いらない」を判断するきっかけにもなり、ものを整理するいい機会に!

おうちで過ごさなくてはいけないこの時期こそ、家族みんなを巻き込んで、少しでも楽しみながら過ごしてみてください。

ESSE5月号

では、「最高のゴールデンウィークになる23のヒント」を特集。外出は難しいですが、おうち時間を楽しむ映画やガーデニングをご紹介しています。
また、別冊ESSE

初心者でも「高く売れる」「安く買える」メルカリまるわかりBOOK

(扶桑社刊)では、初心者から上級者まで楽しめるメルカリのガイド本です。厚さ測定定規つきなので、メルカリ生活が充実すること間違いなし!