年末年始のお呼ばれやパーティには、センスのいい手土産をもっていきたいもの。
おいしいのは当たり前。もう一歩先をいくには「SNS映え」を意識したアイテムを選ぶのがポイントです。

ここでは、渡した相手に「捨てるのがもったいない」「収納としても使えそう」と思ってもらえそうな、かわいい缶に入ったクッキーをご紹介します。

ラ・フィーユ
『ラ・サブレジェンヌ』の缶入りサブレ

手土産で喜ばれる!とっておきたくなるキュートな缶に入ったクッキー

●アンティーク調のデザインに遊び心を加えた缶ボックス

サブレ=シュル=サルトというフランスの街が発祥のサブレ。この街にある『ラ・サブレジェンヌ』のサブレは、100年を超えて受け継がれてきたレシピで変わらないおいしさを実現し続けてています。
このサブレが入った「扉缶 ラ・フィーユ」は、そんな歴史を感じさせる、思わずキュンとくるアンティーク調のルックス。
缶の側面からサブレを取り出せる仕掛けも、SNS映えするポイントです。食べ終わったら日用雑貨を入れてもよさそうです。

・<ラ・サブレジェンヌ>扉缶 ラ・フィーユ 12袋 3400円+税(シャルマン・グルマン)

●食べ終わっても捨てられない!表情豊かなネコたちが並ぶ缶

ボワット レ シャ

スイーツコーディネーターの下井美奈子さんが「とにかく缶がかわいい!」とおすすめする、5種類のクッキーが入ったアソート。いろんな表情の猫がユーモラスに描かれた缶が目を引きます。

クッキーは上質なバターの香りが保たれ、小気味よいサクサク、ホロホロとした食感が特徴。内容量はコンパクトな缶からは想像できないほどボリューミーなのもうれしいポイントです。

缶のかわいらしさ+おいしさ+量の多さと三拍子そろった手土産です。

・<アディクト オ シュクル>ボワット レ シャ 150g 1700円+税(婦人画報のお取り寄せ)

●センスのよさを感じさせる大人のクッキー

プティ・フール・サレ

厳選された塩を使用し、ハーブやトマト、チーズなどの素材との絶妙なハーモニーが楽しめる、甘さを抑えた塩味クッキー。

鎌倉でつくられる希少な塩とフランス産のゲランド塩の2種類をブレンドした、お酒のおつまみとしても楽しめる味です。甘さを抑えた味とシックなデザインの缶は、送り手のセンスのよさをアピールしてくれます。

・プティ・フール・サレ 170g 1800円+税(鎌倉レ・ザンジュ)

『映え手土産120』

(扶桑社刊)では、今回ご紹介した以外にも“映え”る手土産を多数紹介しています。
あけた瞬間や器に盛りつけたときに思わず写真に撮ってシェアしたくなる…そんな“映え”る手土産をまとめた一冊。ぜひチェックしてみてください。