食費を抑えている人は、冷蔵庫の使い方や買い物で工夫をしているもの。そこで、食費3万円台の達人の冷蔵庫を調査! 食材を使いきるための収納術やテクニックを教えてもらいました。

食費を減らす今どきテクは…冷蔵室&冷凍室のリセットだった!

4人家族で食費月3万円台のみくぽんさん。
「以前はちょこちょこ買い物に行き、使い残すこともよくありました。そこで、週1回のまとめ買いにきり替え、使いきりを徹底するようになりました」

肉や魚は、2日以内に使わないものは冷凍。傷みやすい野菜も下処理し、冷凍します。
「冷蔵は1週間、冷凍も1か月で使いきりをルールにし、見やすい収納を心がけています。今では99%の食材を使いきることができるようになり、無理なく食費を節約できています」

<みくぽんさん(熊本県・30歳)のプロフィール>

夫(38歳)、長女(4歳)、二女(2歳)の4人家族

<みくぽんさんの食費の内訳>

家族4人で食費 月約3.5万円
予算6000円で、週1回まとめ買い。さらに、月1回は調味料を6000円の予算でまとめ買い。5週目がある月は、5週目の買い物を極力控えて、家にあるものを使いきり。米代は別。

●まずは献立をたてて買い物へ

メモ

 

みくぽんさんは、お肉の特売がある火曜日に、平日5日分の献立をたててスーパーへ。ダ買いを防ぎ、交通費を節約できるメリットも。土日はカレーやお好み焼きなど、冷蔵庫一掃メニューにするそう。買い物から帰ると、買ってきた食材を冷蔵庫に。それでは、収納術を拝見させてもらいましょう!

●冷蔵室の収納術を拝見!

冷蔵庫扉

すぐに使わない食材は冷凍し、冷蔵室はすっきり。仕切りグッズも活用して、見やすく、取り出しやすい!

ポイント1:ひと目で見渡せる収納を意識する

チューブ調味料

迷子がないよう、あけたらパッと全体が見渡せる、つめ込まない収納に。

「チューブ調味料は引っかけるグッズを使ったり、ケチャップは倒れないように仕切りを使うなどして、ごちゃつきを防止」

ポイント2:小さいパックとビンはボックスに

ボックスに納豆や豆腐など

「毎週購入する納豆や豆腐は、ボックスに入れて定位置を決めています。小さいパックなので、こうするとごちゃつきません」

ビンの調味料もまとめておくと、取り出しやすく、把握しやすい。

ポイント3:賞味期限の近いものは手前に置く

賞味期限の近いものを手前に置くのをルールに。
「うっかり賞味期限の長いものを先に使うのを防げて、使い忘れも防止に。循環する冷蔵庫になりますよ!」

【1週間後にはこうなる!】

冷蔵庫

もともとパンパンではないものの、ボックスの中身も1食分を残してすべて消費。ササッと掃除もしやすく、すっきり!

ESSE11月号

では、ほかにも「食費が減る冷蔵庫のつくり方」や、食費節約の達人によるネットスーパー&プライベートブランド商品の活用術を公開しています。ぜひチェックしてみてくださいね!