1. トップ
  2. sponsored

「ばらずし」と「ちらしずし」の違いって? お米のプレゼントも

2020.03.03
  • この記事を
    シェア

酢飯に色とりどりの具材をのせた“ちらしずし”。見た目も華やかなので、特別な日の集まりに“ちらしずし”があると、食卓がぐっと華やかになりますよね。ところで、この“ちらしずし”と同じような料理に、“ばらずし”があるのをご存知ですか? 今回は、“ちらしずし”とは似て非なる“ばらずし”の魅力を、たっぷりご紹介します。
ばらずしの素とお米のプレゼントもお見逃しなく!

「ばらずし」は倹約の歴史が生んだ岡山の郷土料理

ばらずしと地酒そもそも、“ちらしずし”と“ばらずし”の違いって? そんな疑問に答えてくれるイベント「おいしい岡山ランチタイムセミナー」が、東京・新橋のアンテナショップ『とっとり・おかやま新橋館』で行われました。

おいしい岡山ランチタイムセミナー
ばらずしの歴史を語る『ビストロカフェ ももてなし家』の平山シェフ

「“ばらずし”は、お祝いごとやお祭りの際に昔から食べられている岡山県の郷土料理です」というのは、同アンテナショップ2階のレストラン 『ビストロカフェ ももてなし家』の店長でシェフの平山竜也さん。“ちらしずし”とのいちばんの違いは具材の使い方で、すし飯に具材の一部を混ぜ込み、さらにひとつひとつ味つけした具材を飾るのが“ばらずし”。一方、すし飯には具材を入れず、上に乗せるのが“ちらしずし”だと言います。

ではなぜ、岡山県で“ばらずし”が誕生したのかというと…。
「江戸時代、備前岡山の藩主だった池田光政が庶民のぜいたくを禁じ、『食事は一汁一菜とする』というお触れをだしたのが始まりと言われています。そこで、祭りの日など特別な日にごちそうを食べたい人々は、魚や野菜を目立たないようにすし飯に混ぜ、見た目は一汁一菜ですが、中にはたくさんの具が入った“ばらずし”を考えました」
ご法度を逃れるため、岡山県の人々がつくった“ばらずし”は、瀬戸内で捕れる魚介をはじめさまざまな具材を器の底に敷き、それを覆い隠すように上からすし飯を乗せ、食べる直前に器をひっくり返して、ハレの日の料理を楽しんだとか。

備前焼の皿に“ばらずし”を盛りつけた様子
“ばらずし”を盛りつけたのは、岡山県を代表する伝統工芸品「備前焼」の皿

岡山県の人々の「おいしいご飯が食べたい!」という思いから誕生した“ばらずし”は、今では気候が温暖な地元の特産物をたくさん使った華やかな料理に。他の地域に比べ具材が多く、大きいのが特長。家庭や地域によって入れる食材はさまざまです。
今回、平山さんがつくってくれた“ばらずし”には、岡山の特産物であるサワラやタコ、ママカリ、黄ニラをはじめ、エビ、アナゴ、レンコン、タケノコ、シイタケ、高野豆腐、菜の花、錦糸卵、紅ショウガ、のりと、なんと15種類もの食材が!

なかでも、“ばらずし”をつくる際に欠かせない注目食材は…。

サワラ

サワラの刺身岡山で刺身といえばサワラと言われるほどの人気食材。口の中でとろけるような濃厚で上品な味わいが、たまらないおいしさ!

ママカリ

ママカリ隣家からマンマ(ご飯)を借りてくるほどにおいしいことに由来し、正式にはサッパと呼ばれる小魚。ばらずしには酢漬けを使います。

朝日米

朝日米コシヒカリやササニシキ、あきたこまちといった良質な米のルーツであり、お米のサラブレッドといわれる朝日米は、大粒で適度な粘りと歯ごたえが特徴。甘味とうま味を感じ、すし飯にとても適しています。

“ばらずし”を引き立てる地酒も見逃せない!

地酒
「ばら寿司に合うお酒」(720ml ¥1375)と「佐近」(720ml ¥2695)。そして、備前焼の器。内部に微細な気孔がある備前焼が、お酒の味をまろやかにしてくれる

一緒に食べる料理とワインの味が絶妙に調和した状態を“マリアージュ”といいますが、日本酒も同じ。料理と組み合わせることでマリアージュが楽しめます。しかも、その土地のお酒と郷土料理なら相性は抜群!
今回のイベントで、ばらずしに合う日本酒として紹介されたのは、その名も「ばら寿司に合うお酒」。330年以上続く蔵元・室町酒造が4大酒米のひとつ「雄町」でつくった地酒で、やや酸味を感じる辛口の味わいが、ばらずしを引き立てます。芳醇な香りとうま味が特徴の「佐近」も同じ蔵元によるもので、ワイン感覚で食事と一緒に味わいたい一品だとか。

岡山県のこだわりがつまった“ばらずし”。歴史を知ると、なお味わい深くなりますね。『とっとり・おかやま新橋館』では、岡山県の海の幸をはじめ、野菜やばらずしの素、朝日米など、さまざまな特産品を販売中。日本酒や備前焼も豊富にそろいます。ばらずしと地酒のマリアージュ、ぜひお試しを!

※「ばら寿司に合うお酒」は、『とっとり・おかやま新橋館』では販売していません。室町酒造にお問い合わせください

『とっとり・おかやま新橋館』の
最新情報はこちら!

「岡山郷土料理・ばらずし&地酒セミナー」
ESSEレポーターの記事一覧はこちらから

ばらずしの素と朝日米を抽選で3名にプレゼント!

炊いたご飯に混ぜるだけの岡山ばらずし(80g×3)1箱とすしづくりに最適な朝日米(300g)2袋を、抽選で3名にプレゼントします。

【応募方法】
応募はコチラから!

必要事項を記入のうえ、ご応募ください。
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます

【応募期限】
2020年3月18日(水)23:59まで

【応募規約】
・応募は日本国内在住者(登録住所が日本国内)の方に限ります
・賞品の換金および権利の譲渡はできません
・応募いただいた住所などの個人情報は厳重に管理し、個人が特定できない統計データとして参考にする場合がありす。プレゼントの発送を外部委託する際も同様で、本企画以外の目的で使用しません

【本キャンペーンお問い合わせ先】

ESSEonline編集部 お問い合わせフォーム
(内容によってはご返答にお時間をいただくことがあります。土日祝は対応していませんのでご了承ください)

皆さんのご応募、お待ちしています!

<撮影/林 紘輝 写真提供/岡山県観光連盟 取材・文/ESSE編集部>