1. トップ
  2. sponsored

パサパサの髪を一瞬でツヤツヤに変える「美髪テク」を大公開!

2020.03.03
  • この記事を
    シェア

髪がパサつく、うねる、広がりやすい……といったお悩みをもつ女性は多いはず。

パサパサでツヤのない髪は、「疲れてる?」「もしかして老けた?」といった印象を与えるばかりでなく、うまくまとまってくれないのも、忙しい朝の時間帯には悩みのタネ。

そんな困った「パサ髪」を簡単にケアする方法を、ヘアケアに詳しい長井かおりさんに教わりました。

長井かおりさん

長井かおりさん
美容界で注目を集めるヘア&メイクアップアーティスト。ESSEでの連載も大人気。

オススメはだんぜん、「ヘアオイル」!

「髪がパサついたりうねったりするのは、髪がダメージを受けているから。そんな髪をケアするのにぴったりなのが『ヘアオイル』です」と長井さん。

ヘアオイルには「ベタつく」「ペタンコになる」という印象をもつ人もいますが、そんなイメージにとらわれていてはもったいない! じつはESSE読者へのヘアケア意識調査でも、ヘアオイルは堂々の「人気ナンバーワン」に選ばれている、注目のケアアイテムなんです。

「ヘアオイルは濡れた髪にも乾いた髪にも使えるのが便利。お風呂上がりやお出かけ前の髪に軽くなじませれば、ワンランク上のツヤやかで指どおりのいい髪になりますよ」

ヘアオイルをプッシュする様子

N.Y.発のハイクオリティーなオイルにうっとり

なかでも長井さんが注目するヘアオイルが、極上のテクスチャーと仕上がりのよさが特徴の「スティーブンノル ニューヨーク」。

「1、2プッシュ、髪になじませるだけで、なめらかに伸び広がるのがいいですね。ベタついたり、ウェットに仕上がる心配もありません。『スティーブンノル ニューヨーク』のヘアオイルは、使い続けるうちに髪のダメージが軽減され、まとまりやすくなるのもうれしいポイント。オイルならではのツヤ感で、髪の印象がぐんとグレードアップします」

オイルの監修を手がけるのは、N.Y.の美容界をけん引するトップ・ヘアスタイリストのスティーブン・ノル氏。

髪を内側と外側からケアする「高浸透Wリペア処方」、ドライヤーなどの熱から髪を保護する「熱プロテクト処方」、紫外線から髪を守る「UVカット成分配合」※などなど、ノルさんのこだわりがたくさん詰まったオイルが、美髪を守ってくれます。
※メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

「さわやかさのなかに、フェミニンさが漂うグリーンフローラルムスクの香りも◎。ふんわりといい香りが持続するから、毎日のヘアケアも楽しくなります」

スティーブンノル ニューヨーク

N.Y.発の高感度なヘアオイル
「スティーブンノル ニューヨーク」はこちらから!

「カラーリングによるダメージ」にお悩みの読者がお試し!

以前から、美容のプロの注目を集めてきた「スティーブンノル ニューヨーク」のヘアオイルですが、この春さらにパワーアップして登場!

髪のお悩みに合わせた2種類のラインナップがそろうということで、さっそく、お悩みを抱えた「エッセオンライン」の読者に試してもらいました。

佐藤美由紀さん(40歳)のお悩みは、20年にわたるカラーリングで髪のツヤが失われてしまい、髪全体にダメージを受けていること。

そんな佐藤さんに試してもらったのは、「スティーブンノル シャイン カラーケア オイル」。ヘアカラーで傷んでまとまりにくくなった髪のために「カラーケア処方」を採用。さらに、キューティクルを整えながら光を跳ね返す屈折率の高いオイルでコートすることで、美しい髪色とツヤと輝きをキープします。

オイルを髪になじませる様子「乾いた髪に、指でヘアオイルを伸ばし広げたあと、髪の下から手を入れて、パサつきやすい毛先を中心になじませて。最後に手に残ったヘアオイルで髪表面をなでつけると、見違えるようなツヤが出ますよ」と、長井さんからのアドバイス。

「オイルなのにベタつかず、指どおりなめらか。カラーリングで傷んだ髪に天使の輪ができて、家族から『髪が違うね』とほめられました!」と、佐藤さんも大満足です。

ダメージヘアをツヤ髪に導く
「スティーブンノル シャイン カラーケア オイル」はこちらから!

「広がり」「うねり」にお悩みの読者がお試し!

豊島わかなさん(32歳)のお悩みは、猫っ毛で乾燥しやすく、広がりやすい髪質。自慢のロングヘアのうねりが最近、気になりはじめたと言います。

そこで豊島さんに試してもらったのが「スティーブンノル モイスチュア ダメージケア オイル」。乾燥が進んでゴワついた髪に、微細化されたオイルが内部まで深く浸透。毛先までなめらかな髪へと導きます。

濡れた髪にオイルを使っている様子「お風呂上がりの濡れた髪に使うときは、タオルドライで水気をとり、手にヘアオイルを取って、手グシで髪の中間~毛先になじませましょう。傷みやすい毛先は、手のひらではさんでオイルをギュッと閉じ込めて」と長井さん。

「髪の深部までなじむから、ベタつかずさらさらの仕上がり。それなのに、しっとり感もアップしたみたい! 老けた印象になる髪のうねりから卒業できそうです」と、うれしそうな豊島さん。毛先がするりとまとまったロングヘアが、とびきりエレガントな印象です。

髪のうねりを押さえてなめらかに整える
「スティーブンノル モイスチュア ダメージケア オイル」はこちらから!

スキンケア同様、ヘアケアもエッセオンライン世代には必要不可欠。ぜひ日常のケアにヘアオイルを取り入れて、美髪をキープしてください。

「スティーブンノル ニューヨーク」の発売元であるコーセーでは、3月15日まで、抽選で200名に新ヘアオイルが当たるキャンペーンを実施中。

キャンペーンサイトはこちらから

<文/藤田美奈子>