原因は加齢、出産…尿漏れ経験者たちが行き着いた対策
2019.10.01
  • この記事を
    シェア

他人と共有しにくい体の悩みの代表に「尿漏れ」があります。妊娠・出産や加齢によるものなど、さまざまな原因がありますが、どれほどの人がお悩みなのでしょうか?
ESSEオンライン編集部が30~50代を中心に統計では、4割の人が悩んでいると回答。その実態と対策についてお伝えします。

円グラフ
30~40代の女性192人を対象にしたアンケートでは、7割の人が尿漏れ経験があると回答

じつは多い!出産・加齢による尿漏れの悩み。みんなはどうしてる?

尿漏れに悩むのは、比較的若い人も多く、約3割が30代から、約4割が40代から尿漏れの症状があるということがわかりました。

では、どんなときに「出て」しまうのでしょうか? 圧倒的に多かったのは、「せきやくしゃみをしたはずみ」でした。次いで、「冬の寒い時期」、「運動しているとき」、「立ち上がったとき」、「重い荷物を持ち上げたとき」と続きました。
このように、せきやくしゃみなどでおなかに力が入った瞬間に尿が漏れるのは「腹圧性尿失禁」と呼ばれています。その原因は、加齢や出産などによる骨盤底筋の衰えが多く、実際アンケート結果でも、尿漏れのきっかけは「加齢」(約50%)、「出産」(27.5%)、「妊娠」(16.8%)が多数を占めました。

尿漏れの対策尿漏れの対策としては、半数以上が、生理用ナプキンやパンティーライナーなど身近なもので代用しています。ただし、「ナプキンはムレやかぶれが気になる」(38歳・パート)という完全な対策にはならない人も多いようです。

●専用ショーツって実際どうなの?使った人たちの反応

専用ショーツって実際どうなの?使った人たちの反応そこで、今回は静かに注目を集めているディノスの尿漏れ専用の吸水ショーツを読者3名に試してもらいました。

〈参加者プロフィール〉
●多田茜さん(仮名・50歳)
パートアルバイト。40代から咳やくしゃみをしたときに尿が漏れるように。

●前川京子さん(仮名・40歳)
パートアルバイト。30代で妊娠したときから、極めて少量ながらも尿が出た経験があったそう。

●小田裕子さん(仮名・31歳)
専業主婦。昨年の出産後から、重いものを持った時などに尿漏れが気になるように。

●風邪と花粉と重い荷物が怖い! 外出先でも不安に…

多田さん 私の場合は、45歳を過ぎた頃から、腰を痛めたときや風邪、花粉症でせきやくしゃみが出たはずみで気になるようになりました。普段はパンティーライナーで間に合う量ですが、風邪を引いてせきが止まらないときはいつ漏れるか心配なので、できれば出かけないようにしていました。風邪でぜんそくのような咳が出る夜中は、特に心配で何度もトイレに行ってました。正直、尿漏れに振り回される日々です。

前川さん 私は20代前半で1人目を妊娠したときから、3人目の妊娠のときまで悩まされてきました。私もパンティーライナーでしのいでいましたが、それでも上の子と下の子を同時に抱っこするときや、せきやくしゃみをするたびに出るので、何度も取り換えていた思い出がありますね。妊娠後期に入り、おなかが大きくなるにつれその頻度が上がって、忘れた日は顔面蒼白でコンビニのトイレに駆け込んでいましたね。

小田さん 30歳で出産してから、くしゃみをしたときはもちろん、普通に歩いているときでも「あれっ」ということがあります。だから予防として、子供を抱っこして歩いているときやくしゃみが出そうなときはなるべく股を閉じて骨盤をキュッと引き締めるようにしているんですが、それが間に合わなかったら、下着を汚してしまうことに……。

多田さん 女性はやっぱり妊娠、出産の影響が多いみたいですね。

2色
ショーツとパッドが一体になった専用ショーツ。色はピンクとラベンダーの2色セット
多田さん このショーツを実際はいてみて意外だったのは、厚みがあるのに、お尻がもったりせず洋服に響かないこと。

前川さん 私も最初に見た時は「分厚い!」と思いましたが、履いてみるとそこまで厚みは気になりませんでしたね。むしろ、これからの季節は、このしっかりした生地が温かくて重宝しそう。

小田さん 最大で50mlも吸えるというのがびっくりですね。

――実際にその吸水量を見てみましょう。5ml、10ml、35mlと徐々に量を増やしながらショーツの吸水パッドに注いでみました。

実際にその吸水率を見てみましょう

多田さん 合計で50ml…。かなりの量ですね。

多田さん どんどん水をたしているのに全然漏れ出ていませんね!

全然漏れ出ていませんね

小田さん たしかに! 私は1日トータルで5mlも出ないので、これなら余裕ですね。

前川さん 50mlってかなりの量だというのがわかったので、これを見たら安心しました。

吸水量たっぷりのショーツはコチラ●尿漏れしなくても普段使いしたくなる履き心地と美尻効果も!

小田さん 頻度が少ないタイプには向いているかも。週に1回出るか出ないか、というときのために毎日パンティーライナーをつけるのはコスパが悪い。だけど、こういうショーツタイプだと、もし出なくても問題ないですし。

前川さん 長時間の移動などで、なかなかお手洗いに行けないときも重宝しそうですね。

前川さん ジムで運動するときにも使いたいです。飛んだり跳ねたりすると尿が出やすいので対策は必須なんですが、このデザインならパッと見、尿漏れ対策のショーツだと分からないですし。

多田さん 触った感じが柔らかいのもいいですね。素材の95%が綿なので、気持ちいい。いざというときに備えて、普段から履く分にはちょうどいい。

美尻シルエット吸水ショーツ画像_20190926
はいているだけで美尻効果も
小田さん ヒップアップの工夫がしているのもうれしいですね。

前川さん 美尻効果、ありますよね。でも、ガードルとは違ってウエストは全然締めつけられません。

多田さん そう! 美尻効果があるのに履いた感じが苦しくない。むしろ、生地がほぼ綿なので、肌ざわりもいいです。花粉の季節にクルマで出かけるならこのショーツと、決めました。

多田さん 出ても出なくても問題ないから、大は小を兼ねるという感じですね!

――吸水実験の結果を見て、より大きな安心感が得られた3人。履き心地よし、お尻の見え方もよし。漏れる心配はなし。万一に備えるなら、「こういう+αがあって、『いかにも』なデザインじゃないディノスのショーツがちょうどいい!」という結論になりました。

美尻をかなえるショーツはコチラ●女性たちからも満足の声!10人中6人が感じた「安心感」

女性たちからも満足の声!10人中6人が感じた「安心感」ほかの読者の方にも試していただいた結果、10人中6人が「満足」と回答してくれました。

「1年くらい前からくしゃみをしたときに尿漏れをするように。最近では、トイレを我慢することができず怖くて尿意を感じる前にトイレへ行くほどでしたが、普通のショーツよりも安心感があったので、少し悩みが解消されました」(Tさん/パート/44歳)

「縄跳びや運動などでジャンプをするとき、ちょっと漏れちゃう症状に7年ほど悩んでいます。吸水シートを使用しています」(Mさん/専業主婦/52歳)

「出産後から気になり、笑ったはずみに出てしまうことがありました。このショーツは履き心地も安心感、安定感があり、ヒップも上がってみえました。総合的に満足でした」(Yさん/専業主婦/34歳)

「2人目を生んだ後から症状が気になるようになり、ナプキンで代用していましたがかぶれが気になっていました。このショーツはかぶれもにおいも気にならず、安心感がうれしかったです」(Iさん/パート/38歳)

「現在、妊娠中ですが、お腹に力を入れると少し尿漏れしていることがあります。特に対策をしていませんでしたが、このショーツを履くことで漏れても下着が濡れる感じはなく、使用感がよかったです」(Hさん/36歳/フルタイム)

「出産後、尿意を感じたときなど間に合わないことも多かったのですが、このショーツは吸水がよく、悩みも解消されました」(Aさん/専業主婦/45歳)

「生理用品で代用するほどでしたが、なんとか解消されました」(Kさん/自営業/44歳)

「走ったときなど少し漏れることが気になっていましたが、履き心地もよく解消されました」(Kさん/専業主婦/48歳)

「適度に伸びて、尿がゼリー状になり濡れた感覚もなかったのがうれしかったです」(Tさん/専業主婦/53歳)

安心できる履き心地のショーツはコチラ

<取材・文/桜田容子>