すぐに汚れて面倒なお風呂掃除。
「掃除グッズを変えるだけで、ずいぶんとラクになります」と教えてくれたのは、ライフオーガナイザーの下川美歩さん。
100円ショップで見つけた便利なバススポンジを紹介してくれました。

浴室
1つで2役のお役立ちバススポンジ
すべての画像を見る(全9枚)

掃除と収納の悩みを解消するワッツのバススポンジ。ニトリ、カインズと比較してみた

わが家のお風呂は、カラリ床という凸凹の床です。凹みを伝って水がきれ、すぐに乾くのがいいところ。ただ、凹みが汚れると乾きにくくなるので、こまめな掃除が必要です。

凹みの汚れは、普通のスポンジだとなかなか取れません。床用ブラシというものもありますが、収納しにくいのが難点です。

ワッツ タオルバーにかけられるバススポンジ

そんな凸凹床の掃除にぴったり、収納の悩みも解消するバススポンジを100円ショップで見つけました。

・ワッツ タオルバーにかけられるバススポンジ 110円

※ダイソーやセリア、キャンドゥにも同様のものがあります

●お風呂の凸凹床の汚れにマイクロブラシ

表と裏の素材が違う、両面使えるスポンジです。

マイクロブラシ面

マイクロブラシ面は、こしのあるブラシで汚れをかきとります。洗剤とこのスポンジで、力を入れなくても凹みの汚れが取れるんです。

ブラシの根元

床用ブラシより断然コンパクト。ブラシの根元の水ぎれもよさそうです。

バススポンジアップ

ソフトな不織布面は、浴槽を傷つけずに洗えます。とんがり部分で浴室の角まで、これひとつで浴室全体をササっと洗えるので便利です。

●かけて収納、モノトーンで見た目スッキリ

じつは、これまでにも同じようなブラシつきバススポンジを使ったことがありました。汚れは落ちたのですが、カラフルな色味で浴室内に収納しにくいものでした。

このバススポンジなら、切れ込みに差し込むだけでタオルバーにかけられます。

バススポンジをつるして収納

モノトーンなので、見た目もスッキリ。入浴中も気になりません。

つるし収納

手に届くところにあれば、入浴のついでに気軽に掃除できます。水ぎれがいいので、スポンジ自体も衛生的です。

●ニトリ、カインズのバススポンジと比較すると

ニトリとカインズでも同じような両面使えるブラシつきバススポンジを見つけました。100円ショップと比べると価格は3~4倍。全体的に大きくて固めなので耐久性がありそうです。

バススポンジ3つ

左から、ワッツ、ニトリ、カインズのバススポンジ。

ニトリのスポンジは、握りやすいようにシェイプされていています。

カインズのスポンジは、側面が波型になっていて、巻きフタの溝にぴったり沿って洗えます。

・ニトリ しっかり洗えるバスブラシスポンジ アクリルビーズ 399円

・カインズ 吊るせるバススポンジ(ハード) 398円

バススポンジ3つつるし収納

どちらも100円ショップのものよりブラシの毛足が長め、不織布面も厚めです。タオルバーを差し込む穴が大きいので、太いバーにおすすめ。

スポンジ部分は泡立ち・水切れ層、泡持ち層が重なっています。断面に存在感がありますね。

ニトリやカインズのバススポンジは、お値段どおりの高機能です。

でもあえて私が100円ショップのバススポンジをリピート買いしている理由は、私の手だと小さいほうが握りやすいから。

ブラシの毛足が短めとはいえ、汚れ落ちは充分。お手軽価格なので、ヘタったらすぐに買い換えられます。おかげでお風呂も、スポンジも、キレイをキープできています。