ESSE編集部公認インスタグラマーとともに、話題のの食べ物やアイテムなどを見つけるLifeESSEnce。今回は、大注目の「マクラメインテリア」をご紹介します。

関連記事

「クロシェ編み」が再ブーム。今年の夏はバッグや小物に取り入れるのがトレンド

ボヘミアンでナチュラルなテイストを簡単に演出できる“マクラメ”インテリア

壁に鏡など
すべての画像を見る(全4枚)

70年代に流行したマクラメのアイテムが、いま再び人気に。手芸メーカー「メルヘンアート」広報の藤澤とみ子さんに、その背景や楽しみ方を聞きました。

マクラメとはひもを手で結ぶだけで模様をつくりだす技法。マクラメの装飾品は世界各地の古代遺跡から発見されていて、長い時間のなかで技術が育まれ、広まってきました。日本では数年前からブームのボヘミアン調を組み込んだBOHOスタイルのカフェや、韓国インテリアに取り入れられていることで、再び注目を集めています」

人気のアイテムは、グリーンをつるすハンギングや壁などにかけるタペストリー。流木に結わえつけて飾るのもトレンドだそう。

「カラーは生成りが人気ですが、ひもの種類で雰囲気が変わるのも魅力。手づくりするのも楽しいですよ」

【ESSE編集部公認インスタグラマーもみんなハマっています】

マガジンラックに編み込み

「市販のマガジンラックの骨組みに、自分でロープを編み込んでアレンジ!」(mamakumunokii.mkさん)

タマネギなどをつるす様子

「ただのタマネギも、手づくりのストックホルダーに入れればおしゃれなインテリアに」(made_in_aykさん)

ナチュラルな部屋

「部屋の中にたくさんのマクラメ作品を。グリーンと合わせるとすてきです」(mii03.07さん)