こんにちは。若松美穂です。主婦業のかたわらエッセイストなどもやりつつ、楽しく、豊かに暮らすためのさまざまな工夫を提案しています。テーブルまわりを中心に、生活のなかの小さな発見をつづっていけたらと思っています。

若松美穂のおいしい生活

刺激の少ない水溶性のネイルで爪を守ります

 乾燥する時期、そうではない時期にかかわらず、爪が弱い私。ひび割れたり脇から裂けてきたりと、きれいな爪を保つことは本当に難しい…。爪ってパソコンをするでもスマホを打つでも、毎日目にするものだから、できればきれいにしていたいという思いがあり、いつもジェルネイルをしていました。

 ところが最近、仕事の種類を増やしたことで、ネイルNGのことが増え、マメに塗り、外す、を繰り返す日々。私の近況ブログを見た方が、「それでは爪が傷むから、美穂さんにはこれがいいと思う」と、刺激の少ない水溶性のネイルをプレゼントしてくださいました。

刺激の少ない水溶性のネイル

 京都の老舗・日本最古の絵具屋「上羽絵惣」さんの「胡粉ネイル」。絵具屋さんだからでしょうか、色が独特できれいなうえに、パンフレットに載っている名前のすてきなこと、すてきなこと。

京都の老舗・日本最古の絵具屋「上羽絵惣」さんの「胡粉ネイル」

 月光銀(げっこうぎん)・陽光色(ようこういろ)・桃真珠(ももしんじゅ)・金雲母撫子(きららなでしこ)・雲居色(くもいいろ)黄紅葉(きもみじ)…。なんだか名前に惹かれて、あれこれ欲しくなってしまう。

 私がいただいたのは緋銅色(ひどういろ)。乳白色と赤、2色に別れたネイルを、使う前に振って混ぜます。

緋銅色(ひどういろ)

 しだいにラメの入ったような明るい朱色ができてきて、色づくりの過程もまた楽しい。

色づくりの過程もまた楽しい。

 アセトンなどの有機溶剤は使っていないそうで、ネイル独特の刺激臭が少ないのも魅力です。しかも塗ったら割とすぐ乾く。

 専用の除光液は、ウェットティッシュなどにも含まれるアルコールが主成分なので、爪を傷める心配が少ないみたい。水溶性だから、お風呂に入っているうちにペラ~っと取れてくることも(*^_^*)。私は、爪先の取れたところだけ塗り直し、2~3日もたせています。

私は、爪先の取れたところだけ塗り直し、2~3日もたせています。

 緋銅色(ひどういろ)、お着物などにも合いそうです。

【若松美穂(わかまつみほ)】

1972年、宮城県生まれ。お金をかけずにセンスと工夫でおしゃれに暮らすカリスマ主婦読者として、生活情報誌『ESSE』や『サンキュ!』などで紹介され、人気者に。2011年、心理カウンセラーの資格を取得。主婦業のかたわら、エッセイストとしての執筆活動のほか、講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。気持ちによりそった提案が主婦の熱烈な支持を得ている。「ペンギンのお茶会」「心を癒す講座」は、全国各地で実施され、リピーターとなるファンもいるほど。著書に「カリスマ節約主婦・若松美穂の暮らし上手の小さなヒント」「私と家族のしあわせ時間」(ともに扶桑社刊)など。 夫と、大学生、高校生の娘、母親の5人家族。埼玉県在住。
▼Instagram

https://www.instagram.com/m_wakachin8/