子連れ九州旅で見つけた! おいしい暮らし <子育て絵日記・佐賀・後編>
2019.03.27
  • この記事を
    シェア

こんにちは! マルサイです。佐賀体験記後編です。

食べるものすべてがおいしい、佐賀!

食べ物がおいしい!佐賀県に来てから、おいしいものばかり食べているマルサイ家。佐賀県といえば?と聞かれたら「食べ物がおいしい!」と答えたくなるくらい、とにかく食べるものがすべておいしい! そんな佐賀県滞在2日目のお昼は、なんとバーベキュ~♪ しかもお肉は佐賀牛‼︎

佐賀牛とろけるような柔らかさでした…。いや、実際舌の上でとろけました! 極上においしかったです。子どもたちがとくに気に入ったのは、佐賀牛でつくられたハンバーグで、これもまた、こんなにおいしいハンバーグは39年間生きてきて一度も食べたことないってくらい。おいしいハンバーグの秘訣はお肉次第ということを実感しました。あのハンバーグ、また食べたいです…!

佐賀県のグルメ情報は
こちら!

舌鼓を打ったあとは、佐賀牛を育てている中山牧場に見学へ! 牧場へ到着すると、大きな牛舎に先ほどおいしくいただいた牛ちゃんたちが。

牛舎先に食べておいてよかったような申しわけないような複雑な気持ち。
牧場に到着してまず子どもたちが興味をもったのは、牛の爪切りです。カマのような道具で爪を削っていく作業に、くぎづけの三兄弟。
なんと、おいしいお肉をつくりだすにはこの爪切りが大事なんですって!(知っていましたか? 私は知りませんでした!)。爪が伸びると歩きにくくなり、それが牛にとってのストレスになるそうです。ストレスを感じないことで肉づきもよくなるそうで、人間もストレスフルだと不健康な感じにやせたりするもんな~と納得しました。

牛ものびのびしていて毛ツヤもいいそういえば牛舎も広くて清潔だし、牛ものびのびしていて毛ツヤもいい…。ストレスを感じさせないよう大切に牛を育てていることが伝わりました。佐賀牛のおいしさは、愛情をかけているからこそなんですね。

山でも海でも楽しめる!最高にぜいたくな環境

さて、牧場見学のあとは美しい玄界灘を眺めながら宿に向かいます。この日は天気もよく波もとても穏やかで、なんといっても海の色が美しい。透明度も高く、今すぐ飛び込んでみたくなるくらい。わが家はシュノーケリングが大好きなので、この海を見た瞬間家族全員「潜りたい‼︎」と大興奮。山でも海でも楽しめる環境が、とにかくうらやましい…! 野遊び・磯遊びが好きなご家庭にとってここに住むことは、最高のぜいたくになると思います。

佐賀県の暮らしの魅力は
こちら!

佐賀県最後の夜は、前編で紹介した棚田のすぐ近くにある「そば処 和らびの」さんでの民泊と、唐津で農業を営むご家族との交流会を兼ねての夕食。地元の食材をたっぷり使った鍋を囲んで、楽しいひとときを過ごしました。

鍋交流会に参加したのは、若手農業者を中心とした「アグリ旬」のみなさんとそのご家族。アグリ旬のみなさんの仕事に対する熱意にはとにかく感動! やりがいを感じ、楽しみながらお仕事をされていることが、とてもよく伝わってきました。
ある方は仕事を終えたあと、お子さんと海に遊びに行くなんてお話も聞き、これまたうらやましい! 夕方には作業を終えるので、ご家族と過ごす時間もたっぷりあるそうです。
理想的な家族の形ですよね!

奥さまたちからはおもに子育ての話を。地域全体で子どもを見守っているので、育児がしやすい環境であることを伺いました。都心部では隣にどんな人が住んでいるかわからないといったこともよく聞くので、それに比べると確かに子育て世代には暮らしやすそうです!

まるで実家!?民泊の心地よさを実感

「アグリ旬」のお子さんたちはちょうどわが家の三兄弟と同じくらいの年齢で、みんな楽しそうに遊んでいました。男子が複数人集まるとそれはそれはにぎやかなのですが、和らびののご主人も奥さまも温かく見守ってくださいました。お正月休みにはお孫さんたちが大勢集まるそうで、にぎやかさには慣れていると聞いてホッと安心。一般的な宿泊先ではやはり子どもたちの振る舞いに気疲れしてなかなかのんびりできないので、そんなひと言がとてもありがたかったです。

佐賀県の農業の魅力は
こちら!

翌朝は朝食後にコーヒーをいただきながら、ご主人と奥さまのお話を伺いました。
お仕事を勤め上げ、定年後から始められたおそば屋さん。年を重ねながらご夫婦で同じ夢を追い、その夢を見事にかなえたおふたりの物語がとても心に残っています。
実家のような居心地のよさに、ついついのんびりしてしまいました。(そのまま何泊かしたくなるくらい離れがたかったです!)

3日間という短い時間ではありましたが、すてきな出会いとおいしい食べ物、美しい山や海と存分に佐賀の魅力を満喫しました。焼き物や唐津のお祭りなどの見どころもたくさん教えていただいたので、ぜひまた行きたい!

くんちちなみに三男のいちばんの思い出は最終日に見学した唐津城で、テレビや絵本などにお城が出てくると「佐賀のお城だ‼︎」と大喜びしています(実際には違うお城や架空のお城だったりするのですが)。そのたびに「またこのお城いこーね!」と約束しているので、唐津城にも必ず寄ろうと思います。次はいつ行けるかな~とそのときを楽しみにしています。
家族みんなで楽しめる佐賀県、最高にいいところでした‼︎

佐賀県の暮らしの魅力は
こちら!

<写真/林紘輝(鍋)>

子育て絵日記・佐賀・前編は
こちら!

【イラスト・写真・文/マルサイ】

男子3人と夫の5人家族。男の子あるあるや家族のほのぼの話を描いた絵日記をインスタグラム@maru_saiで発信。著書に『マルサイ家の三兄弟 ドタバタ絵日記 男子が3人います。』(大和書房刊)など。最新刊は『主婦力ゼロからのやってみた家事』(大和書房刊)

マルサイ家の三兄弟 ドタバタ絵日記 男子が3人います。

全国の男子のお母さん、今日も1日お疲れ様です!理解不能な男子のおバカな行動に、驚き怒り泣き笑い、でも男の子ってなんだかアホかわいい!


主婦力ゼロからのやってみた家事

「作り置き」「エコ掃除」など流行り家事に次々と手を出し、失敗を繰り返し、そして残った今の家事。マルサイ家の家事選手権の結果、ご紹介します!

このライターの記事一覧