トイレは頻繁に掃除していても、意外と汚れが取りきれていない場所。カビやにおいの原因になる汚れをガッツリ取る方法を伝授します!

ここでは、清掃と洗剤のエキスパートである茂木和哉さんに、短時間でトイレの汚れをスッキリする掃除法を教えてもらいました。

トイレ
においも汚れもスッキリ

カビやにおいの原因は塩素系漂白剤やトイレ掃除用シートで根こそぎ取り除く

●ノズルや汚れが気になる部分に塩素系スプレーを吹きつける

便器内やノズルに塩素系漂白剤を吹きつけた様子

便器内やノズルのカビや黒ずみは、塩素系漂白剤を吹きつけて一掃して。塩素系洗剤を取り扱うので、手袋とマスク、換気はマストです!

●ハンディーワイパーでホコリを落とす

ハンディーワイパーでホコリを落とす様子

棚や窓枠など、出っぱり部分にたまったホコリはハンディーワイパーが便利で時短になります。水洗タンクの背面なども、ホコリがたまりやすいのでよく掃いておきましょう。

●トイレ掃除用シートで便座や壁、床を拭く

トイレ掃除用シートで便座をふく様子

使い捨てのトイレ掃除用シートを活用して拭き掃除しましょう。

便座と水洗タンクの間をふく様子
接続部分も忘れずに!

便座や壁、床をふいていきます。便座と水洗タンクの間なども汚れを要チェックしておきたい場所です。

●蛇口回りをクレンザーとラップで磨く

蛇口回りをクレンザーとラップで磨く様子

手洗い用の蛇口は水アカがたまりやすい場所。ラップにクレンザーをつけてみがくと落ちやすいですよ。水で洗い流し、よくからぶきしたら完了です。

※塩素系漂白剤など「混ぜるな危険」の表示がある洗剤は、酸性のものと混ざると有毒ガスが発生します。クエン酸など酸性のものと混ぜるのはもちろん、酸性洗剤の直後に使うのも避けてください。また、洗剤のなかには、建材や設備機器によっては使用できないものが含まれている場合があります。建材や設備機器の取扱説明書、また洗剤の注意書きをよく確認してから使用してください。各種洗剤を使用する際は、ゴム手袋などを着用してください。