1. トップ
  2. sponsored

ベストな温度が見つからない! そんなストレスを最新エアコンで解消!

2021.03.31

私たちの暮らしに欠かせないエアコン。みなさんは、自宅のエアコンの冷暖房機能に満足していますか? いろいろ不満を抱えつつ、「エアコンってそういうものだから仕方ない」とあきらめてはいないでしょうか。

もう少しでムシムシする梅雨、そして暑~い夏がやってきます。おうち時間が増えているいま、この不快な時季も冷房でできるだけ快適に過ごしたいですよね。そのためには、エアコン選びを見直してみるのが一番手っ取り早いかもしれません。

設定温度を下げると冷えすぎ、上げると蒸し暑い

「設定温度を下げると冷えすぎ、上げると蒸し暑い」はもううんざり!

多くの家庭に共通する冷房への不満といえば、「心地いい状態をキープできない」ということが挙げられると思います。

暑い日に冷房のきいた部屋で過ごすのは至福の時間ですが、心地いいのも束の間、しばらくするとなんだか蒸し暑くなってくる…。そこで設定温度を下げると、今度は冷えすぎてしまう……。冷えやすい女性にとって、冷房による冷えはツラいもの。そこで再び設定温度を上げると、今度はまた蒸し暑くなってくる…。ゾクッとしては上げ、汗ばんでは下げと、一日じゅう温度調節を繰り返していると、「いったい我が家の快適温度は何℃なの!?」とうんざりしてしまいますよね。

心地いい状態をキープできないどうしてそんなことになるのかというと、体感温度には湿度も関係していて、快・不快を決めるのは温度と湿度のバランスなんです。冷房で温度だけをコントロールしても、心地いい状態はキープできないのです。

そこでおすすめなのが、パナソニックの「エネチャージ・システム」を搭載したエアコン。冷房をかけても主に温度だけしかコントロールできない従来のエアコンとは、性能がかなり違うんです。

いつでも最高の体感温度をキープしてくれる
パナソニックの最新エアコンはここでチェック!

快適な温度と湿度をキープできる
パナソニック「エネチャージ・システム」とは?

そもそも、従来のエアコンが冷房をかけ続けていても蒸し暑くなってくる理由は、設定温度になると室温を下げすぎないよう自動的に冷房をストップしてしまうから。すると、冷房とともに除湿も止まり、温度よりも上がりやすい湿度が先に上がってきて、蒸し暑さを感じるのです。

温度も上がってくると冷房が再始動しますが、このように冷房のオンオフを繰り返す間にじわじわ湿度が上がってきて蒸し暑く不快に感じるので、つい設定温度を下げがちに。その結果、冷やしすぎてしまうんですね。

温度が上がると体感温度も上がり蒸し暑く感じるエアコンにはたいてい除湿機能がついているので、「不快の原因が湿度なら除湿すればいいのでは?」と思うかもしれませんが、除湿は湿度を取ることが優先なので温度が下がりすぎることが。エアコンによっては、設定温度を維持しながら除湿できる再熱除湿方式もあるが、この方式は通常の冷房や除湿にくらべて消費電力が高くなってしまう。

一方、エネチャージ・システム搭載のエアコンの場合、世界初の新冷却システムにより、室温を維持するくらいの“トロトロ運転”を続けることが可能に。設定温度になっても冷房をストップさせず、湿度も維持してくれるので、面倒な温度調節なしに快適な温度と湿度をキープできるのです。

長時間使っても室温・湿度が安定している理想のエアコン冷房を実現!エネチャージのエネルギー源は、エアコンの心臓部・コンプレッサーが冷暖房時に発した熱。これを蓄熱して再利用することで、冷房時は“トロトロ運転”を実現し、暖房時は室外機の“霜取り”を行います。従来のエアコンだと霜取りに熱エネルギーを使う間は暖房がストップしてしまうのですが、エネチャージでは蓄熱を再利用しているから霜取り中も暖房はノンストップ。涼しさも温かさも途切れさせないのです。

オン/オフを繰り返さないから省エネ→電気代節約にも

「ノンストップで運転し続ける」と聞くと、電気代が心配になる人もいるかもしれません。でも、心配はご無用です。じつはエアコンはもともと省エネな電化製品で、始動して部屋を冷やしたり温めたりするまでにはそれなりに電力を使いますが、室温維持のためにはそれほど電力を必要としません。しかも、設定温度近辺でオン・オフを繰り返す今までの冷房よりも、弱くずっとトロトロ運転を続けるエネチャージ冷房はより消費電力が少ないのです。

快適さと省エネを両立させたいならエネチャージがおすすめです。熱を再利用し、通常の冷房のようにオンオフを繰り返さないことで、パナソニックの従来の冷房と比べても約10%も省エネできるのです。

省エネできる

電気代が10%も節約できる!?
パナソニックの最新省エネエアコンはこちらから

冷暖房を使いながら空気も清潔に!

パナソニックのエアコンには、花粉などのアレル物質やカビ、菌、ウイルスなど、部屋中のさまざまな有害物質を抑制してくれる「ナノイーX」が搭載されているのもうれしいポイント。冷暖房をしながら、高濃度のイオン「ナノイーX」で空気を清浄してくれるので、清潔な空気の中で安心して過ごすことができます。

また、運転後や停止中に行われるナノイーX内部クリーン運転により、エアコン内部のカビもしっかり抑制してくれます。一日じゅうエアコンをつけていることが多い夏場は、部屋の空気=エアコンの空気。エアコン内部のカビを放っておくと、冷房の風とともにカビを空気中にまき散らすことになるので、これも大きな安心につながるのではないでしょうか。

さらに、新機能として「においケア」モードもプラスされており、気になる洗濯物の生乾き臭やペット臭、生ごみ臭などをボタンひとつで強力脱臭してくれます。夏場はとくに臭いが発生しやすいので、活躍しそうです。おうち時間が長くなるほど、部屋の空気は汚れ臭いも滞るもの。エアコンが空気清浄までしてくれるのは助かりますよね。

ナノイーXで当たり前の空気が最高の空気に!
パナソニックの最新エアコンはここからチェック!

理想を叶えるエアコンでおうち時間を充実させよう

メーカーが定めるエアコンの「標準使用期間」がたいてい10年のため、一般的にエアコンの寿命は10年と言われています。もちろん10年以上使用する家庭も多くありますが、冷暖房効果に不満がある、カビや汚れが気になる……といった理由があるならば、使用年数に関わらず買い替えを検討してもいいかもしれません。電気代の節約やQOLの向上につながるのならば、メリットのほうが大きいのではないでしょうか。

いつも部屋の温度や湿度が適切で空気がキレイというだけで、家事や仕事、勉強への集中力が高まり、気分もグンと上がります。エアコンに対する不満を「仕方ない」で片付けず、理想を叶えてくれるエアコンを選び、充実したおうち時間を過ごしましょう!

新・エネチャージシステムについてのアンケート実施中

問い合わせ先/パナソニック https://panasonic.jp/aircon/

<取材・文/持丸千乃 イラスト/mito>

  • この記事を
    シェア

今人気の記事をもっと見る