1. トップ
  2. sponsored

軽自動車なのに普通車並みの乗り心地。先進技術で運転も安心!

2020.10.19
  • この記事を
    シェア

元気いっぱいの子どもがいる暮らしには、やっぱりクルマがあると便利です。
お値段やサイズ感など、乗りやすいのは軽自動車ですが、一方で、室内の狭さや安全性は気になるところ。

そんな軽自動車の気になるポイントをすべて解決してくれるのが、日産自動車から発売されている軽自動車、新型 日産ルークス。室内は広々、最新の技術により安全性も抜群で、普通車と変わらないクオリティと乗り心地です。

実際に運転したESSE読者が「広さや安全性、乗り心地など、軽自動車へのイメージが一新されました! これは乗ってみないとわからない」と太鼓判を押した、その実力をレポートします。

クルマと手をつなぐ親子

買い物にもお迎えにもレジャーにも!新型日産ルークスで快適クルマライフ

今回、ルークスを運転してくれたのは、そろそろクルマの買い替えを意識しているという斉藤ゆかりさん。11歳の長女、8歳の二女、4歳の長男の3人の子どもがおり、斉藤さんは子どもたちの送迎や買い物のために、ほぼ毎日クルマを運転する生活を過ごしています。

「軽自動車はすごくいいよ、とママ友からはおすすめされるのですが、広さや安全性が心配…」と軽自動車にひかれつつも不安を払しょくできない斉藤さんに、ルークスに乗ってもらいました。

カラーバリエーションも豊富な
ルークスを今すぐチェック!

●シーン①平日の子どもの送り迎えも、ゆとりをもって安全運転

ほぼ毎日、子どもたちの送り迎えのために運転する斉藤さんは、「上の娘たちの習い事が終わるのを、息子と一緒に車内で待つこともしばしば」。そんな斉藤さんにうれしい機能が、後席が320mm(※)も前後に動かせる<後席ロングスライド>。座席位置をこんなに自由に調整できるのはルークスがクラストップレベル! 後席を一番前まで出せば、後席に座る長男にも、運転席からでも簡単に手が届きます。
※数値は日産測定値

子どもを乗せている様子待っている間、ドリンクを飲ませたり、子どもが飽きないようにいろいろなグッズを持ち込んだりすることが多いので、ドリンクホルダーやフロントシートの収納が充実しているのも、大助かりのポイントです。

さらに、子どもを乗せるからこそ「絶対に事故は起こしちゃいけない。安全性を重視したい」と考えている斉藤さん。ルークスには、前も後ろも横も、車をぐるっと見守る全方位の先進安全装備が満載。たとえば2台前の車両の挙動まで検知し、注意を喚起してくれる、軽自動車初搭載の<前方衝突予測警報(インテリジェント FCW)>があるから、玉突き事故などの危険性を大幅軽減してくれます。

「軽自動車にはこういう安全機能はついていないと思い込んでいたので、目からうろこでした。これなら子どもを乗せての普段の運転もとっても安心ですね」

●シーン②両手がふさがるほどのお買い物も便利機能でラクラク!

クルマに足を近づける女性5人家族分の買い物は、どうしても荷物が多くなります。とくに最近は、なるべくスーパーに行く機会を減らしたいから、大量にまとめ買いすることも多々。さらに、動き回りたがる小さな子どもと手をつなぐと、両手がふさがってしまいがちに。
そんなときは、簡単な足だけの操作で大きく開く<ハンズフリーオートスライドドア>が大活躍してくれます。

足であけられるドアがあることは知っていた斉藤さんですが、実際に試してみて、その便利さにびっくり! 「今のクルマのドアだと、子ども達が閉めるときに指を挟むのではと心配だったのですが、スライド式なら、そんな不安もなくなりますね」と家族みんなが安心して使える仕様に感激していました。

●シーン③長距離運転の疲れを軽減!家族みんなで楽しくレジャー

子どもたちを連れてレジャーに行くときは、ほとんどクルマだという斉藤さん一家。
「軽自動車は車内が狭い」と思っていた斉藤さんが、新型日産ルークスに乗って驚いたのが、その車内の広さでした。

シートの前にボールを持つ子ども4歳の長男も、その居心地のよさに大喜び。後席の室内高は139cm(※)なので、長時間のドライブでも、窮屈な思いをせずに乗車できます。
※数値は日産測定値。

ラゲッジルームに荷物をつめこむ様子そして、ルークスはラゲッジルームも広々。後席を一番前にすれば、荷室床面長は675mm(※)になります。アウトドア用のチェア、レジャーシート、サッカーボール、ペットボトルやお菓子を入れても余裕。後席を倒せば27インチの自転車の積み込みも可能です。
「子どもが3人いるので、レジャー用の荷物をたっぷり積み込めるのはありがたいです」
※数値は日産測定値。車両姿勢などにより、数値は若干異なる場合があります。

運転する様子慣れない場所での駐車や狭い道での運転には不安がつきものですが、<インテリジェント アラウンドビューモニター>ならラクラク! 日産の先進技術で、白線や車両を空から見下ろしたような映像を、ナビゲーション画面やルームミラーのディスプレイに表示することができます。

「これなら位置関係がひと目でわかっていいですね」と大満足の斉藤さん。さらに、人や自転車など周囲に動くものがある場合、表示とブザーが知らせてくれます。

また、たくさん遊んだあとの帰り道も安心。じゅうぶん気をつけていても、高速道路や渋滞で子どもが騒いだりすると、どうしても運転疲れが溜まっていったり、注意が少し散漫になったりすることもありますが、ルークスの<プロパイロット>なら、アクセル、ブレーキ、ハンドルの操作をクルマがアシストしてくれるので、ドライバーの疲れをグンと軽減してくれます。

「速度と車間と白線の中央をキープしてくれて、ありがたいですね! ハンドルのアシストがあるのも、助かります」

疲れがたまったときに、モニター表示で警告してくれる<ふらつき警報(インテリジェントDA)>もあるので、安全第一で楽しみたい家族での長距離ドライブにぴったりです。

クルマから降りる子どもを支える女性さまざまなシーンで新型日産ルークスを体験した斉藤さんは、「実際に乗ってみると、普通のクルマと違わない。こちらの方が、運転しやすいくらいですね。わが家はクルマの中で一緒に時間を過ごすことが多いので、新型ルークスがもうひとつのリビングのようになってくれそうです」と、その実力に大満足でした。

5人以上なら、ミニバン販売台数2年連続1位のセレナがおすすめ!

セレナ子どもが成長して軽自動車では少し手狭に感じる人や、おじいちゃんおばあちゃんとの同乗の機会が多い人には、日産のミニバン販売台数2年連続1位のセレナがおすすめ。
車体が大きくなっても運転しやすいように前方・側方・後方の危険を検知する安全装備がフル搭載された<360°セーフティアシスト>が全車標準装備されています。

さらに、アクセルだけのワンペダルで加減速できて、運転がスムーズになる<e-POWER>が搭載されています。運転時の音も静かなので、3列目の人ともしっかり会話できるのも、家族でのドライブ時にはうれしいポイント。

燃費がよく、普段使いからロングドライブまで、あらゆる場面で活躍してくれます。

埼玉・千葉エリア限定試乗キャンペーン実施中

埼玉県にお住まいの方には

千葉県にお住まいの方には

QuoカードPayをプレゼント!
カーライフについてのアンケートを実施中

<撮影/池之平昌信 取材・文/六原ちず>

問い合わせ先/日産自動車 http://www.nissan.co.jp/

今人気の記事をもっと見る