1. トップ
  2. sponsored

コートからマスクケースまで。高品質でおしゃれな岡山デニム

2020.10.05
  • この記事を
    シェア

1965年に国内初のジーンズを発売して以来、“国産ジーンズ発祥の地”として知られる岡山県。その確かな品質は国内外で高い評価を得ています。そんな岡山県のデニムアイテムは東京のアンテナショップ『とっとり・おかやま新橋館』でも購入可能。早速、秋冬のおすすめ商品をチェックしました! 持ち歩きに便利なデニムマスクケースのプレゼントもお見逃しなく。

岡山県のおしゃれなデニムアイテムが大集合

●撥水デニムのオールウェザーコート

オールウェザー撥水デニムコート急な雨にも安心の撥水デニムコートが、この秋新登場。高級スーピマコットンを用いた岡山県井原市のデニム生地は軽くてやわらかく、着心地抜群! 蒸れないから、一日じゅう着ていても快適です。
・オールウェザー撥水デニムコート ブルー、インディゴ 各¥23800(ともに青木被服)

●おしゃれで機能的!デニムマスク&マスクケース

デニムマスク新しい日常に必須のマスク。デニム素材なら洗って繰り返し使えるうえ、デザインもすてき。生乾きのいやなにおいの原因となる細菌や、繊維上の特定のウイルスの増殖を抑える機能的なマスクも登場し、注目を集めています。
・上から/ジーンズ型マスク(ポケットつき)濃紺、ブリーチ 各¥1350(ともにZERO & ZERO) ホワイトデニムマスク ¥1300、抗ウイルスデニムマスク ¥1500(ともにEDGE OF LINE)

デニムマスクケース持ち歩きに便利なマスクケースは、チェックやストライプ柄とデニム地のコンビデザイン。縦長タイプ(左)は、立体型マスクも収納できます。
・デニムマスクケース 左/縦19.5×17cm ¥800、右/縦11×21cm ¥700(ともにZERO & ZERO)

●ガーゼ素材が優しいふんわりジャケット

HAPPY JAKETインディゴ糸を使ったガーゼ生地に、さり気なくピンドットをプリント。法被仕立てながら衿が細く、見頃の内と外に大きなポケットがついているので、羽織りものとしてカーディガンやジャケット代わりに重宝します。
・HAPPY JAKET ¥18000(デニムクローゼット)

●丈夫で使いやすい!デニムトート

トート厚手のセルビッチデニムを使用したトートバッグ。大きい方は、内ポケットにノートPCやタブレットも収納可能。ベルトループを使ったキーフックのほか、スーツケースの持ち手に取りつけられるキャリーオンバッグ機能もあります。
・左/デニムトート(ユーズド)縦(持ち手含まず)27×横37×13cm ¥18000、右/デニムキャリーオントート(ワンウォッシュ)縦(持ち手含まず)36×横49×マチ15cm ¥21000(ともに内田縫製)

●デニムエプロンなら丈夫&飽きない!

デニムエプロンユニセックスで使えるシンプルなデザイン。ハリ感のある上質な生地に、レインボーカラーのステッチと前ポケットがほどよいアクセント。
・デニムエプロン ¥3000(倉敷屋)

●小物収納に便利なポーチも見逃せない!

ティッシュケースとポーチ小物入れがついたティッシュケースと、ジーンズのバックスタイルをイメージしたポーチ。真っ赤な頭のベティマークがキュートです。
・左/デニムバックスタイルポーチ 縦8.5×横18.5×マチ7cm ¥1500、右/デニムポケットティッシュケース 縦11×横13.5cm ¥1000(ともにベティスミス)

とっとり・おかやま新橋館『とっとり・おかやま新橋館』1階のショップには、デニムアイテムをはじめ備前焼や畳縁などの特産品、季節の果物や野菜、お菓子など、岡山を感じられる商品がいっぱい! 2階の『ビストロカフェ ももてなし家』では岡山の旬の食材を使った料理が味わえます。

『とっとり・おかやま新橋館』の最新情報はこちら!

デニムマスクケースを抽選で10名にプレゼント!

今回紹介した2種類のデニムマスクケースを、アンケートに答えてくれた人のなかから抽選で各5名計10名にプレゼントします(デザインはおまかせください)。

【応募方法】
応募はコチラから!

必要事項を記入のうえ、ご応募ください。
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます

【応募期限】
2020年11月9日(月)

【応募規約】
・応募は日本国内在住者(登録住所が日本国内)の方に限ります
・賞品の換金および権利の譲渡はできません
・応募は満20歳以上の方に限ります

【本キャンペーンお問い合わせ先】
ESSEonline編集部 お問い合わせフォーム
(内容によっては返答にお時間をいただくことがあります。土日祝日は対応していませんのでご了承ください)

皆さんのご応募をお待ちしています!

<撮影/林紘輝 取材・文/ESSEonline編集部>

今人気の記事をもっと見る