新鮮野菜やご当地パンも! 鳥取・岡山のアンテナショップで見つけた銘品
2019.05.17
  • この記事を
    シェア

東京にいながらにして、各地の特産品&グルメに触れることができる、都道府県のアンテナショップ。なかでも人気店として知られるのが、鳥取県と岡山県の共同アンテナショップです。
中国山地を背景に、日本海に面する鳥取県と、瀬戸内海に面する岡山県は、どちらも豊かな自然に恵まれた土地。4月にリニューアルしたばかりのアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」では、ご当地のおいしい海の幸・山の幸がふんだんにそろうということで、さっそく訪れてみました。

海の幸・山の幸
「とっとり・おかやま新橋館」の2Fには「ビストロカフェ ももてなし家」もあり、「カキオコ(カキのお好み焼き)」や「ホルモンうどん」などの岡山B級グルメ、旬の鮮魚を使った海鮮丼などを味わうことができます。

採れたての野菜がそろう「マルシェコーナー」に注目!

リニューアルの目玉は、産地直送の新鮮な食材を常時販売している「マルシェコーナー」。両県ともに、自慢の野菜やフルーツを取りそろえています。

岡山県の特産といえば、白桃やマスカットなどのフルーツと並んで有名なのがトマト。「桃太郎トマト」や「さくらんぼトマト」の名前を聞いたことがある人も多いはず。「晴れの国」と呼ばれるほど天候のいい岡山だからこそ、雨の苦手なトマトもとびきり甘く実るのです。
皮ごと食べられる「瀬戸内バナナ」や、漬けてよし・焼いてよし・煮てよしの「千両ナス」もお見逃しなく。

瀬戸内バナナ鳥取県の特産品では、有機物を多く含む大山(だいせん)の火山灰で育った高品質でおいしい「大山ブロッコリー」を、ぜひ試したいもの。また、鳥取県といえば知る人ぞ知る「きのこ王国」。びっくりするほど大きくて肉厚なエリンギは、ステーキにしてオリーブオイルと塩でいただくのがおすすめだとか。

エリンギマルシェコーナーの上に設置された大型モニターでは、生産者の生の声を紹介。食材にまつわるストーリーを知れば、いっそうおいしく味わえるはず。

野菜海の幸・山の幸がたっぷりの
「とっとり・おかやま新橋館」についてはこちら!

「日本一仲のいい県」だといわれる鳥取県と岡山県。特産品がいい感じで「かぶらない」のも仲のよさの理由かもしれません。
同じ牛乳でも、鳥取県の「大山白バラ牛乳」(ホルスタイン種)と、岡山県の「蒜山ジャージー」(ジャージー種)のように、それぞれに個性があるブランドが両立しているので、飲み比べを楽しみたいもの。
ショップ内には、それぞれの牛乳を使ったソフトクリームが味わえるコーナーもあります。

ソフトクリーム

ギフトにぴったりなスイーツや工芸品もたくさん

岡山県のスイーツといえば「きびだんご」が有名ですが、白桃やマスカット風味などのバリエーションも豊富にそろうのはアンテナショップならでは。
また、創業80年の老舗パン屋「トングウ」(総社市)の「上あんぱん(通称油パン)」は、昔から地元で大人気のあんパン。リニューアルオープン初日にも「買いだめ」をしていくお客さんの姿がちらほら……。

上あんぱんおいしいスイーツがそろう
「とっとり・おかやま新橋館」についてはこちら!

一方、数年前まで日本で唯一「スターバックスのない県」として知られていた鳥取県からは、「鳥取に『スタバ』はないが、日本一の『砂場』がある」というダジャレから誕生し、今やご当地コーヒーの名店へと成長した「すなば珈琲」の商品がお目見え。人気のドリップコーヒーバッグは、ちょっとしたギフトにぴったりです。オープン日には、特別に「すなば珈琲」の試飲会も実施されました。

すなば珈琲

食べ物以外の特産品も充実

注目は、畳の縁に使われる「畳縁(たたみべり)」を利用したアイテムの数々。一般的には畳にしか利用されない素材ですが、色や柄が豊富で、軽くて耐久性もあることから、岡山県では古くから小物に使われていたのだとか。小銭入れやペンケースから、畳縁をあしらったご祝儀袋まで、どれも目移りしてしまうかわいさです。

ご祝儀袋お土産やギフトも充実の
「とっとり・おかやま新橋館」についてはこちら!

4月26日のリニューアルオープン初日には、鳥取県と岡山県の両知事が、息の合った動きでテープカット。それぞれの特産品である「もも」と「なし」を組み合わせた「ももてなし」のコンセプトに合わせて、鳥取県の平井伸治知事はグリーンのネクタイを、岡山県の伊原木隆太知事はピンク色のネクタイを着用するというこだわりぶりで、会場をわかせました。

地元愛あふれるトークで名産品をアピールお祝いにかけつけた女優の桜井日奈子さん(岡山県出身)と山本舞香さん(鳥取県出身)も、地元愛あふれるトークで名産品をアピール

とっとり・おかやま新橋館岡山県と鳥取県のハイライトをこれでもかと詰め込んだ「とっとり・おかやま新橋館」。まだまだ語り尽くせないその魅力を、ぜひこの機会に確かめてみてください。

心づくしの「ももてなし」が魅力の
「とっとり・おかやま新橋館」についてはこちら!

【問い合わせ先】
とっとり・おかやま新橋館
住所:東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス1F/2F
電話:03-6280-6474(1F・ショップ)、03-6280-6475(2F・ビストロカフェ ももてなし家)、03-3571-0092(情報コーナー)
http://www.torioka.com

<撮影/林紘輝 取材・文/藤田美奈子>