平野レミさん直伝!時短でおいしい「濃縮野菜で、まるでガパオ」
  • この記事を
    シェア

2019.01.07

忙しいときは、つい食事の栄養バランスが偏りがち。そんなお悩みを解決してくれるのが、手軽で便利な冷凍野菜ピューレ「濃縮野菜 国産ケール100%」。料理などに混ぜるだけで、簡単に不足しがちな野菜を補うメニューがつくれる頼もしいアイテムです。 

平野レミさんそんな「濃縮野菜」のおいしい活用法を、料理愛好家の平野レミさんから学ぶ「公開クッキングセミナー」が、東京・浜松町の「ハマラボ!!!」で開催されました。

イベントの概要をチェック!

濃縮野菜セミナーこのセミナーに参加したエッセレポーターから、口々に「おいしい!」という声が上がったのが、レミさんのオリジナルメニュー「濃縮野菜で、まるでガパオ」。タイで人気のハーブを使ったガパオライスを、ハーブの代わりに「濃縮野菜」を使うことで手軽に再現したこのレシピを、今回は特別に公開します!

料理に大活躍!
冷凍野菜ピューレ 濃縮野菜

エッセレポーターも絶賛 「濃縮野菜で、まるでガパオ」

ガパオ【材料(3人分)】

合いびき肉 200g
タマネギ 1/2個(100g)
シメジ 1パック(100g)
パプリカ(赤) 少し
A[濃縮野菜(解凍する)1袋 ハーブ塩小さじ1/2]
サラダ油 大さじ2
赤唐辛子(種ごとちぎる) 2本
ニンニク(みじん切り) 大さじ1
B[オイスターソース、ナンプラー 各大さじ1 砂糖小さじ1]
卵 3個
発芽米ご飯(発芽米1:白米2) 茶碗3杯分
ライム(半月切り・好みで) 適量

【つくり方】

(1) タマネギは1cm角に切る。シメジは1cm幅に切る。パプリカはヘタと種を除いて5mm角に切る。ひき肉とAを混ぜ合わせる。

(2) フライパンにサラダ油と赤唐辛子を入れて中火にかける。辛味が立ったらニンニク、(1)のタマネギ、シメジを順に炒め、ひき肉を加えてさらに炒める。ひき肉がパラパラになったらパプリカを加え、Bで調味する。

(3) 別のフライパンにサラダ油適量(分量外)を中火で熱し、卵を1個ずつ割り入れて目玉焼きをつくる。フタをしないのがカリッと焼くポイント!

(4) 器にご飯を盛って(2)をかけ、(3)をのせる。ライムを添え、好みで絞っていただく。

ピューレ状の「濃縮野菜」を、「ひき肉にピューと混ぜてチャチャっと炒めるだけ」(レミさん)の時短メニューなので、忙しい日にぜひ試したいですね。

春巻きまた、あまったガパオにカレー粉を混ぜ、春巻きの皮で巻いてカリっと揚げれば、ビールにもよく合うおつまみに。いろいろなアレンジが楽しめます。

アレンジ自在!
冷凍野菜ピューレ 濃縮野菜

1袋に1日分の緑黄色野菜の栄養を凝縮!

化学農薬を使わずに育てられた国産ケールを、新開発の「生濃縮製法」でぎゅっと凝縮して急速冷凍した「濃縮野菜」。すぐに解凍して使え、新鮮なケールのおいしさと栄養価がそのままとれるのが魅力です。

「濃縮されているから料理に混ぜても水っぽくならず、フレッシュなおいしさが味わえるの。冷凍保存できてストックしやすいのもいいわね」(レミさん)

「濃縮野菜」1袋(30g)のなかには、1日に必要な緑黄色野菜120g分の栄養成分が詰まっている!

<栄養素>
・牛乳100ml分の「カルシウム」
・トマト約2個分の「β-カロテン」
・サヤインゲン約18本分の「カリウム」
・ニンジン約3本分の「ルティン」
・ピーマン約3個分の「ビタミンE」
・ミカン約7個分の「ビタミンC」
・レタス葉約0.5枚分の「食物繊維」
(※出典:日本食品標準成分表2015年度版[七訂]、ファンケル調べ)

これだけの栄養素を、1袋の野菜ピューレでとれるのがうれしいですね。

栄養豊富!
冷凍野菜ピューレ 濃縮野菜

平野レミさん「ピューレ状だからどんなものにも混ぜやすく、アレンジも自在。毎日の料理に気軽にとり入れられるわよ!」(レミさん)

常備しておけば、不足しがちな野菜が補えること間違いなしですね。

<濃縮野菜 国産ケール100%>
30袋⼊り 1袋(30g×15袋)×2  4320円(税込)

●問い合わせ先:ファンケル
サプリメント相談室 0120-750-210

濃縮野菜 国産ケール100%
詳しい情報はこちら