面倒なトイレ掃除。じつは、掃除のプロがおすすめする道具が「流せるトイレシート」なんです。
掃除スペシャリスト1級のAyakaさんが、1枚のシートでトイレをピカピカに掃除できるコツを教えてくれました。

シートを持つ様子
シート1枚でトイレ掃除

トイレを流せるシート1枚で汚れも臭いもピカピカに。ふく順番が大事だった

皆さんはトイレ掃除にどんな道具を使っていますか? じつはトイレの掃除において掃除のプロが推薦しているのが、流せるトイレシートなんです。

シートタイプなので、とにかくラクに掃除ができますし、最後は流して終わりなのでゴミの問題も解決。1日1枚で掃除を続けると、きれいなトイレをキープできるんです。

そんな流せるトイレシートですが、使い方を間違えてしまうととてももったいないことに。
じつは掃除するときのコツがあるんです。今回はそんな小さなコツをお伝えしたいと思います。

●トイレを「汚い順」で4つのゾーンで分けて掃除していく

掃除の基本は、汚れていないところから汚れているところという順番で掃除をすること。
トイレも同じです。
トイレシートを使用して掃除する場合も、汚れが少ないところから汚れが多いところにかけて掃除をしていきましょう!

●汚れレベル1 ★☆☆☆ ドアノブ

ドアノブをふく様子

ドアノブはトイレの中では汚れが少ない方。まずはトイレシートでドアノブ周辺から掃除をします。

その次に、トイレットペーパー周り、スイッチ、コンセントをふいていきます。

●汚れレベル2 ★★☆☆ トイレのフタや便座、便座裏、スイッチ部分

温水洗浄のスイッチ部分をふく様子

次に汚れ中レベルは、トイレのフタ、便座、便座裏です。温水洗浄のスイッチ部分もきれいにしましょう。

トイレをふく様子

このときに掃除の流れで便器をふいてしまわないよう心がけて下さい!

便器はいちばん汚れている場所。なので「便器は最後」と覚えておいて下さいね。

●汚れレベル3 ★★★☆ トイレの床や腰より下の壁

床をふく様子

3番目にひどい汚れの場所は床、そして腰より下の高さの壁。ここは見えなくても尿が飛び散っていることが大変多い場所です。

もしトイレがくさい場合は、床や壁をふくことで改善することが多いですよ!

掃除機をかける前にも必ずふき掃除をするようにしましょう。

尿がこびりついた床をふき取らずに掃除機をかけ、そのままキッチンやリビングを掃除するなんて想像するだけで恐ろしいですよね!?

またこのときに巾木も一緒に掃除をすることをおすすめします。

せっかく腰を下げて掃除しているので、そのときに一緒にふいてしまいましょう。

頻繁に行えば、巾木もさっとトイレシートでなでるだけできれいになりますよ。

●汚れレベル4(最高レベル)! ★★★★ 便器内

最後に汚れの最高級レベルは、先ほどもお伝えした便器!
もっとも汚れてる場所は最後にふきます。

毎日の掃除を素手で簡単に行っている場合は、そこまで深追いせずに気になるところだけをふいて。

もしほかの場所より先に便器をふいてしまった場合は、トイレシートを新しいものにするのがベストです。
また、汚れがひどい場合は便器だけはひと手間かけ、洗剤やブラシを使ってきれいにしても。

●意外と守れていない?トイレシートの捨て方

シートを広げる様子

意外と守れていないのが、流せるトイレシートの捨て方です。

ゴミ箱に捨てるのもありですが、便器に捨てられるものであれば流してOK。

そのときは、トイレシートを開いた状態で捨てましょう。

折り畳んだ状態だと、いくら流せると言われていても、つまりの原因になることもあるそうです。

開く手間でトイレのつまりを予防できるならそうすべき!

少しでも皆様の掃除の参考になれたらうれしいです。

◆Ayakaさんの掃除についての記事をチェック! 掃除してもトイレがくさいときに。100円グッズでできる最終手段 トイレの温水洗浄部分は汚れてる! 意外なアイテムで密着掃除 使い古しタオルが最適! 網戸がピカピカになる簡単掃除