新しい生活様式が定着しつつあり、以前より暮らしについて考える機会が増えています。テレワークが増加したことにより、地方への移住希望者や戸建てへの住み替えのニュースも目にするように。

今回、気になる住宅事情について、ESSE読者336人にアンケートを実施。住まいの選び方について聞いてみました。

家の模型と書類と印鑑
戸建て、マンション、賃貸? 読者の住宅事情を調査!(※写真はイメージです。以下同)

マイホーム所有率は65%。住まい選びの理由や決め手は?

全国のESSE読者336人(20代~50歳まで。平均年齢43歳)にアンケートを取ったところ、全体の64%がマイホームを所有していると回答。年代別に見ると20代は26%ですが、30代は67%、40代以上は76%の人が所有。

円グラフ「持ち家に関して、あなたの現在の状況を教えてください」

そして賃貸(社宅含む)に住む人は、20代は63%、30代は29%、40代は21%。その他の回答には、実家住まいや義実家と同居のほか、ご両親の店舗つき住宅に住んでいる、という意見がありました。現在マイホームを計画中、建築中の方は全体で計4%と少数で、年代別に見てもほぼ同様の結果に。

●マイホーム所有者は、戸建てとマンションどっちを選んだ?地域によっても特徴が

家の模型を見る2人

<戸建てとマンション、どちらを選びましたか?>


戸建て 75%
マンション 25%
※どちらも新築、中古を含みます

マイホーム所有者に聞いたところ、戸建て75%、マンション25%という結果に。さらに地域別で見ると…。

<戸建てとマンション、どちらを選びましたか? 地域別回答編>


関東地方(107人) 戸建て69%、マンション31%
関西地方(36人) 戸建て60%、マンション40%
北海道・東北地方(15人) 戸建て93%、マンション7%
中部地方(33人) 戸建て94%、マンション6%
中国・四国地方(10人) 戸建て80%、マンション20%
九州地方・沖縄県(13人) 戸建て85%、マンション15%
※どちらも新築、中古を含みます

戸建てかマンションかの回答を地域別に集計したところ、地域によって特徴が見られました。関西地方はマンション住まいの方が多く、関東地方も東京だけで見るとマンション率38%、神奈川・千葉・埼玉の3県では26%という結果になり、より首都圏のマンション住まいの多さが伺えました。

関東&関西以外の地域では、75%以上が戸建てを選択。「土地柄、マンションがほとんどないので戸建ての選択しかない」(長野県・会社員・30歳・注文住宅を具体的に計画中)と、家を選ぶ理由には土地柄も大きく影響しています。

では、具体的に、戸建てとマンション、それぞれ選んだ理由を聞いてみました。

●戸建てを選んだ理由

一軒家

「自分たちの好みに間取り、デザインをしたかったから」(愛知県・主婦・33歳・注文住宅)

「同じローンを払うなら資産になるほうがいいと思い、土地つきの戸建てを購入しました」(愛知県・主婦・40歳・新築建て売り)

「場所的にそれほど土地が高くないことと、庭でプールやBBQ、家庭菜園をしたいと夫と話をしていた」(群馬県・主婦・38歳・注文住宅)

「子どもが3人は欲しかったので、戸建ての方が部屋数もあるし、庭もある。騒音などで子どもたちに厳しく言わなくてもいいよう、元気に遊び回れる戸建てにしました」(東京都・会社員・32歳・新築建て売り)

「マンションだと狭かったり天井が低めなところが多く、集合住宅の付き合いや上下階への配慮なども面倒だった。また、高層階が怖いので戸建てに」(神奈川県・会社員・36歳・注文住宅)

戸建ての場合は、「生活音を気にしないですむ」「ペットを飼える」「建て替えやリフォームが自分たちの意思でできる」「部屋数やリビングの広さにこだわれる」など、自由に暮らせるメリットを重視する傾向のようです。