バーテンダー作と間違えた!大人味の缶カクテルに驚き
2018.11.28
  • この記事を
    シェア

プレミアムビールやクラフトビールといった、本格志向のお酒が人気を集めています。コンビニやスーパーで気軽に買えて、家飲みでもちょっとぜいたくな気分を味わえるのが人気の理由のひとつ。

そんななか、次に来そうなのが、本格派の缶カクテル! 
歴史あるリキュールブランド「ボルス」の缶カクテルが、ファミリーマート限定で発売されると聞き、ESSE編集部は、東京・南青山で開催された「1日限りのボルスバー」に潜入。その実力のほどを確かめてきました。

1日限りのボルスバー

「ボルス」ブランド初の缶カクテルは、ほどよくビターで大人な味わい

店内は、クリスマスらしいデコレーションがいっぱい。

クリスマスらしいデコレーションまず目を引いたのが、コックつきのドリンクディスペンサーに、缶のドリンクやオーナメント、フルーツを入れるディスプレー。
こんなふうにおもてなしの際に、オブジェ的に使うと盛り上がりますね!

オブジェ的に使うと盛り上がりますカトラリーのセッティングも印象的。黒の大皿にグリーンやオーナメントを飾り、ガラスビンに入れた箸やウェットティッシュが置かれていました。
大皿の代わりにトレーやお盆でもよさそう。大勢が来るパーティのときに、ぜひマネしたいテクです。

そして、肝心のお酒はこちら!

本格的な味左が「BOLS Ready To Drink 期間限定ブルーシトラス」、右が「BOLS Ready To Drink 期間限定ビターカシス」です。

「ブルーシトラス」は、ブルーキュラソーという青いリキュール「ボルスブルー」を使用。ゴクゴクと飲みやすいのですが、甘さのなかにほろ苦さもあり、大人な味わい。
酸味、塩味など真逆の要素を隠し味程度に加えることで、カクテルとしての完成度が高まるんだそう。

「ビターカシス」は、カシスリキュールの「ボルス クレーム・ド・カシス」を使用。ひと口目はカシスの芳醇な甘味がくるのですが、あとからほろ苦さやスパイシーさが感じられ、奥行きがあります。

どちらも、173円(税込・編集部調べ)とは思えない仕上がり! じつはイベントのウェルカムドリンクとして提供されたのですが、グラスに注がれた状態でいただいたため、まさか缶カクテルだと思っていませんでした。
「さすがプロがつくったお酒はおいしいな」と思っていたほど! 本格的な味に、すっかり驚かされました。

華やかでぜいたくな味わいを、家庭でゆっくり楽しむ

そもそも「ボルス」は、オランダのルーカス・ボルス社が所有する本格リキュールブランド。
なんと創業は1575年。現存する世界でもっとも歴史のあるスピリッツ&リキュールメーカーとも言われています。缶カクテルを発売するのは、今回が初めてなのだとか。

歴史のあるスピリッツ&リキュールメーカーきれいな色もボルスの魅力のひとつ。たくさんのリキュールがあるなかでも、「ボルスブルー」はボルスの世界売上No.1フレーバー。
美しいブルーは、今回の缶カクテルにもしっかりと生かされています。

スペシャルカクテルイベントでは、ブランドアンバサダーのバーテンダー、石村正樹さんがつくるスペシャルカクテルもいただくことができました。「ボルスブルー」を注いだあとに、パイナップルジュースを加えた、とってもきれいな色のカクテル。

最後の仕上げとして、タグをつけるのが石村さん流とのこと。ESSEでもおうちカフェやDIYで人気のタグ使いですが、カクテルにつけるのもとってもおしゃれですね。

お酒をゆっくり楽しみたいけど、実際にバーに行くのは、金銭的にも環境的にもハードルが高い…。そんな人にぜひ試してもらいたい、ボルスの缶カクテル。
見た目が華やかなので、これからのパーティシーズンにも大活躍しそうです!

●お問い合わせ:アサヒビール

ボルスについて詳しくはこちら!

<撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>