旬の素材を長く味わうことができる果実酒とフルーツシロップ。でき上がりのおいしさはもちろん、甘くフレッシュな香りに包まれながら、キッチンで手を動かすのも楽しいもの。一年を通していろいろな果実酒とフルーツシロップを手づくりしているワタナベマキさんにそのつくり方を教えてもらいました。

フルーツシロップ
旬の味を楽しめるフルーツシロップ
すべての画像を見る(全6枚)

季節を感じるフルーツシロップのつくり方

ワタナベマキさん

「いちばんおいしい時季の香りをそのままとじ込めることができるなんてぜいたくですよね。日々の暮らしのなかで季節を感じるきっかけにもなっています」とワタナベマキさんは教えてくれました。

 

●ブルーベリーシロップのつくり方

果実酒

材料(つくりやすい分量)

  • ブルーベリー 500g
  • レモン 1個
  • 氷砂糖 500g
  • レモン 1個
  • リンゴ酢(または穀物酢) 大さじ1/2

【つくり方】

ブルーベリー

(1) ブルーベリーはよく洗って水気をふき、冷凍庫で2~3日凍らせる。レモンは皮と白いワタを除き、1cm厚さの輪切りにする。

凍らせるとエキスが出やすくなる

氷砂糖を投入

(2) 保存ビンにブルーベリーとレモン、氷砂糖を1/4量ずつ交互に入れ、いちばん上は氷砂糖になるようにする。

リンゴ酢

(3) リンゴ酢を加え、1日1回ビンを揺らして上下を返す。約2週間して氷砂糖が溶けたら完成。

酢が呼び水代わりになり、フルーツからエキスが出やすくなる。

 

【保存方法】

冷蔵庫に入れ、1か月を目安に使いきる。炭酸水で割って飲んでもさわやかですし、白玉にかけて食べたり、かき氷のシロップとしても使えます。フルーツシロップでおいしい夏を楽しんでください。

ESSE6月号の「ワタナベマキさんに教わる手づくり果実酒とフルーツシロップ」では、さまざまな種類の果実酒とフルーツシロップを紹介。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

50代からの毎日を応援する記事多数!「これからの暮らし by ESSEonline」はこちら