定番の「ひとつ結び」ですが、ただ結んだだけだとなんだか手抜きに見えたり、老けて見えたりすることも…。「ひと工夫で簡単におしゃれに見えるようになります!」と話すのは、女性の髪問題に詳しいヘアライター佐藤友美(さとゆみ)さんと、人気ヘアサロンMINXのディレクター八木花子(八木ちゃん)さん。 今回は、40代の読者をモデルに、大人のひとつ結びのつくり方を教えてもらいました。

大人のヘア問題白黒つけます
すべての画像を見る(全13枚)

命毛(いのげ)って知ってる?あるだけで小顔効果絶大&薄毛隠しにも

年末年始に近づき、ヘアチェンジをしたいと考えている人も多いのではないでしょうか?「髪型を変えるなら、ぜひ命毛(いのげ…

 

ひとつ結びは後頭部のボリュームが大事!

横向きの女性
よくあるひとつ結び。悪くはないけれど、印象にも残らない

さとゆみ:今日は、ひとつ結びのポイントを詳しく解説してもらいます。

八木ちゃん:ひとつ結びって、じつは奥が深いんですよね。

さとゆみ:たしかに! 無造作に結んでいるだけなのに、おしゃれに見える髪と、そうじゃない髪があるのは、どこが違うのでしょうか。

斜めを見ている女性
後頭部にボリュームがあるひとつ結び。普通のひとつ結びと、差は歴然

八木ちゃん:いちばんのポイントは、後頭部のボリュームです。後頭部にこんもりとしたボリュームがあると、上品で華やかに見えるんですよね。

さとゆみ:たしかに! ここにボリュームがあると、若々しく見えますね。

八木ちゃん:今日は、このボリュームの出し方をお伝えします。

 

マイナス5歳の「大人のひとつ結び」のつくり方

(1) 分け目をぼかすようにドライヤーを当てる

ドライヤーと女性
髪を結ぶ前に、分け目をなくしておくと、ボリュームが出やすくなる

八木ちゃん:まず、乾かすときに、分け目をつけないように乾かしていきましょう。

さとゆみ:分け目がぱっくりついていると、どうしてもその部分がぺたんこになったり、地肌が目立ったりしますよね。

八木ちゃん:つむじや、分け目部分をこするようにしてドライヤーの熱をあてるのがコツです。

(2) 手でざっくりと髪をまとめ、ひとつに結ぶ

女性の後ろ姿
髪の量が多いやクセ毛の人は、かためのワックスをしっかり手のばして使うと、まとまりやすくなる

八木ちゃん:次にワックスやバームをつけて、ブラシは使わずに手でざっくりと髪をまとめます

ひとつ結びをした状態
ひとつ結びをした状態

さとゆみ:ブラシを使わないのはどうして?

八木ちゃん:ブラシを使ってとかすと、髪をなでつけてしまうので、どうしてもボリュームがつぶれやすいんです。

(3) 後頭部の髪を引き出す

女性の後ろ姿
ゴムの部分を指でおさえて毛束を引き出すと、くずれにくい

八木ちゃん:ひとつ結びをしたら、後頭部から髪を引き出して、ボリュームを出していきます。ここがいちばんのポイントですね。

横向きの女性
後頭部に高さが出てリッチな雰囲気

さとゆみ:このひと手間があるだけで、全然違って見えますね。

(4) スプレーでボリューム感をキープ

スプレーと女性
引き出した部分をつまみながら、キープスプレーをかける

八木ちゃん:最後に、引き出した部分にスプレーをかけて、ボリューム感をキープします。