1. トップ
  2. 子育て・教育

場所をとらない鯉のぼり飾り。 100円グッズで簡単につくれる

浦岡裕子
2021.04.22

もうすぐこどもの日、せっかくの行事を楽しくしたいですよね。そこでパーティスタイリストの浦岡裕子さんに、お金をかけずに楽しめる、鯉のぼり飾りのアイデアを紹介してもらいました。

子どもの日を楽しむ100円グッズアイデア

100円グッズを組み合わせてつくれる、鯉のぼりアイテム2つをご紹介します。

●手ぬぐいでつくる簡単タペストリー

黒のこいのぼり
簡単タペストリー

まず紹介するのは、100円ショップのアイテムを2つ組み合わせるだけ簡単タペストリー。子どもが大きくなり本格的な鯉のぼりを飾る年齢でもなくなったご家庭や、男のお子さんがおらず、兜や鯉のぼりが家にないという方でも、気軽に季節のしつらえを楽しむことができます。

タペストリーは壁に飾るので狭い場所でも飾ることができ、シーズンオフの際の収納にもかさばらず重宝する人気のアイテム。今回はセリアの手ぬぐいとダイソーの手ぬぐい飾り棒を使います。

赤と黒の手ぬぐい手ぬぐいをタペストリーにするときには、100円ショップの木材などを使って飾り棒をつくって飾る方法もありますが、最初から飾り棒として売っているものを使うとさらに材料コストと手間をかけずにタペストリーを飾ることができます。

飾り棒セリアのこいのぼり柄のタペストリーは赤と黒の2種類ありますが、今回はインテリアにもなじみやすい黒をタペストリーに。シンプルなこいのぼりモチーフは流行り廃りなく長く使うことができます。あとはダイソーの飾り棒に説明書に従って手ぬぐいを取りつけるだけ!

手ぬぐいは手持ちのものでもいいですし、専門店を始め100円ショップでも豊富な柄を取りそろえています。季節に合わせて入れ替えて、玄関やリビングの彩りにしてみてください。

●成長記録にもなるオリジナル卓上鯉のぼり

卓上鯉のぼり小さいお子さんがいるご家庭では、簡単工作も兼ねた鯉のぼりづくりもおすすめ。スタンド式のこいのぼりをオリジナルこいのぼりにする方法です。

ハサミなど

【材料】

・ダイソー スタンド式鯉のぼり
・お好きな紙やクレヨン、マスキングテープ

【つくり方】

スタンド式の鯉のぼりについている鯉のぼりを外す(1) スタンド式の鯉のぼりについている鯉のぼりを外す(少し力を加えて引っぱれば外せます)

筒状の鯉のぼりをつくる(2) 好きな紙で、筒状の鯉のぼりをつくる(大きさは取り外した鯉のぼりを参考にすると◎)

目玉をつけたこいのぼり(3) 好きなように目玉をつけたり描いたり貼ったりしてオリジナルの鯉のぼりをつくり、スタンドの棒に通して飾る

鯉のぼりを3つ飾ることができるので、兄弟で手分けしてつくっても良いですね。既製品のまま飾ってももちろんいいのですが、お子さんと工作を楽しむなかで子どもの日を感じられるのも、手づくりのよさです。
スタンドは保管しておいて、毎年違う鯉のぼりをつくって写真を撮っておけば、まさに子どもの成長を願うこどもの日にぴったりの「成長記録」としても使えます。鯉のぼりには名前や年齢などを書いておけばいつの作品なのかもわかりやすいです。

いずれも簡単に季節行事を楽しめるアイテムなので、ぜひ今年の子どもの日につくって楽しんでみてください。

●教えてくれた人
【浦岡裕子さん】

パーティスタイリスト/バースデープランナー。harenohi_factoryを主宰。季節の行事やパーティイベント、子どものお祝いなど生活の中にあるハレの日を、キオクとキロクに彩りスタイリングすることをテーマに、イベント装飾のアイテム製作やWEBへのコラム掲載、パーティスタイリングやアイテム製作の誌面協力、子どもと親御さん向け店舗での季節の装飾を担当するなどの活動を行う。インスタグラム:@harenohi_factory

  • この記事を
    シェア