ワイン好きの新トレンド。英国スパークリングワインを深堀り!
2019.05.07
  • この記事を
    シェア

シュワシュワの泡と、キリッとした飲み心地が魅力のスパークリングワイン。その産地といえばフランス、スペインを思い浮かべる人も多いのでは?
ですが、今、食通のあいだで注目されているのが、英国産のスパークリングワイン!
気になる英国ブランドの秘密を、英国の食に詳しいフードライター・羽根則子さんに紹介してもらいます。

英国産のスパークリングワイン
英国産のワインとサーモンは、このうえない好相性!

フードライターイチ押し!英国産を選ぶならコレ

今やすっかりグルメな国となった英国。なかでも注目株はイングリッシュワイン。まだピンとこない人も多いかもしれませんが、英国はワインの産地として、世界で大きな注目を集めています。
1990年代後半からは、国際的なワインの大会で受賞するワインが続々と登場。質、量ともめざましい成長を続けています。

これは地球温暖化の影響と生産者の努力の賜物。とりわけスパークリングワインは、銘醸地として名高いフランス・シャンパーニュと同じ製法で造られ、イングリッシュワインの代名詞にも。もちろん、白、赤、ロゼもつくられていて、どれも繊細で清涼な味わいが特徴です。

イングリッシュワインイングリッシュワインは、サセックス、ケント、ハンプシャー、コーンウォールなど、南部を中心に生産が盛ん。近年は、イングランド北部のヨークシャーでもつくられています。

羽根さんが厳選した、英国産スパークリングワインを紹介!

●数々のコンクールで入賞。バランスのよさが魅力

ハッティングレイ・ヴァレー クラシック・レゼルヴ ブリュット

ハッティングレイ・ヴァレー クラシック・レゼルヴ ブリュットイングランド南部、ハンプシャーのワイナリーで、ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝く女性醸造家が手がける1本。ほのかなイーストの香りが鼻腔をくすぐり、エレガントでキリッとした酸味が心地よいです。

●老舗ワイナリーが生み出すしっかりとした味わい

ハンブルドン NV クラシック・キュヴェ

ハンブルドン NV クラシック・キュヴェ創業1952年。英国で初めて商業用ワインをつくった、長い歴史を誇るワイナリーによる1本は、上質なブドウを使った、しっかりと骨のある味が持ち味です。奥行きのある飲み口をじっくり味わってみて。

●凛と引き締まった味とフレッシュ感が持ち味

ディグビー・ファイン・イングリッシュ ブリュット

ディグビー・ファイン・イングリッシュ ブリュットイングランド南西部のサセックスに設立されたワイナリーは“世界最高峰のワインをつくる”がモットー。ブドウ栽培農家、醸造、それぞれのプロが協力してつくり出すワインは、ふくよかな味と豊かな風味が楽しめます。

●売りきれ必至&話題沸騰!王室にゆかりのあるワイン

ウィンザー・グレート・パーク・ヴィンヤード ブリュット

ウィンザー・グレート・パーク・ヴィンヤード ブリュットエリザベス女王がお住まいの、ウィンザー城の敷地内にある畑で収穫されたブドウを使用。2016年秋に初めて販売されると即完売となり、英国で大きな話題となりました。深みのある洗練された味が特徴です。

英国産ワインに合わせるなら、英国ブランドの食材がおすすめ!

英国ブランドの食材がおすすめ食べ物は産地で合わせると間違いがない!と言われます。英国ワインと相性がいいのは、スモークサーモンやラム、野菜、マイルドなチーズなど。英国産の食材は、その質の高さから、世界でも高い評価を得ています。

なかでも、北のスコットランドの名物スモークサーモンは、世界のグルメが愛してやまない食材。カナッペやサンドイッチにすると、ワインにぴったりのフィンガーフードに!

英国産食材は、輸入食品を扱っている大型スーパーマーケットなどで、身近に買えて楽しめます。インターネットを利用して、オンラインショッピングで入手するのもオススメ。

清涼感あふれる極上のワインと、とろけるような味わいがたまらないスモークサーモン。相性抜群のコラボをぜひ試してみてください。

●教えてくれた人
【羽根則子さん】

英国の食研究家、食のエディター・ライター。ブログ「イギリスの食、イギリスの料理&菓子」で、英国の食に関するあれこれを毎日発信。著書『増補改訂 イギリス菓子図鑑』(誠文堂新光社刊)

協力/英国環境・食糧・農村地域省
https://www.instagram.com/GreatBritishFood-/

増補改訂 イギリス菓子図鑑


伝統からモダン、地方から家庭まで135種類を網羅した、イギリス菓子の決定版!