野菜の王様で、家族の健康のお守りに!手軽につかうのは?
  • この記事を
    シェア

2018.12.07

毎日、野菜をちゃんととっていますか?

忙しい日や野菜がたりないときでも、料理に混ぜるだけで簡単に栄養バランスのよいメニューがつくれると話題の、冷凍野菜ピューレ「濃縮野菜 国産ケール100%」。

そのおいしい使いこなし術を学ぶ、「公開クッキングセミナー」が開催されました。講師を務めるのは、おなじみの料理愛好家・平野レミさん。ESSEonlineでは、その模様をさっそくレポートします!

濃縮野菜

“混ぜるだけ野菜”で栄養もボリュームも満点の家族が喜ぶひと皿がパパッと完成!

セミナー会場となった東京・浜松町にある「ハマラボ!!!」には、ESSEレポーター20名が集結。和気あいあいとした雰囲気のなか、レミさんによるデモンストレーションがスタートします!

「肉の3倍、野菜を食べる」を家訓にしているというレミさん。
「これまで家族には、“葉っぱよ、葉っぱ”とはっぱをかけてきたけど、今はコレ。個包装でピューレ状だから、料理にも使いやすいのがいいのよ」その魅力を軽妙なトークを交えながら語ります。

新感覚の“混ぜるだけ野菜”「濃縮野菜 国産ケール100%」の詳しい情報はこちら!

そんなレミさんが今回教えてくれたレシピは、ひと皿で完成する「濃縮野菜で、まるでガパオ」。

通常ガパオライスで使用するハーブの代わりに「濃縮野菜」を使うことで、人気メニューを手軽につくってしまおうというのです。そのつくり方は…。

濃縮野菜(1) ひき肉に解凍した「濃縮野菜」をピューと混ぜます。解凍は、流水で10~15秒程度でOK!

濃縮野菜(2) フライパンでチャチッと炒めて…。

濃縮野菜(3) 器に盛ったご飯の上に、(2)と目玉焼きをのせて完成でーす!

これは本当に簡単。あっという間にできちゃいました。火をとおしても鮮やかなグリーンが残り、見るからに栄養たっぷりで、体によさそうですね。

新感覚の“混ぜるだけ野菜”「濃縮野菜 国産ケール100%」の詳しい情報はこちら!

濃縮野菜参加者のみなさんは、席を立って見学し、メモをとったり質問したり。

濃縮野菜そのあとは、おまちかねの実食タイム。ガパオライスとともに、「濃縮野菜」をリンゴジュースで割った特別ドリンクも提供されました。

「おいしー!」「食べやすい」「簡単」「家に帰ったらつくってみよう」といった声があちこちから上がります。

新感覚の“混ぜるだけ野菜”「濃縮野菜 国産ケール100%」の詳しい情報はこちら!

栄養満点の新鮮なケールのおいしさと成分をそのまま濃縮

さらには、「濃縮野菜」を開発した研究員の大濱寧之さんも登壇。ケールの魅力について説明してくれました。

濃縮野菜●濃縮野菜の3つの特徴

(1)「野菜の王様」といわれるほど栄養価の高い、国内産ケールを100%使用

(2)独自開発した「生濃縮製法」で、新鮮なケールのおいしさと成分を壊さないよう、ギュッと濃縮している

(3)1袋(30g)で1日分の緑黄色野菜(ケール120g)がとれる

新感覚の“混ぜるだけ野菜”「濃縮野菜 国産ケール100%」の詳しい情報はこちら!

「だから、便利で手軽な濃縮野菜はわが家の健康対策のお守りなの」と深くうなずくレミさん。その言葉に、レポーターの皆さんも納得の様子です。おいしくて、楽しく、情報もギュッと詰まった、大満足のセミナーとなりました。

セミナー参加者の生の声もチェック!試してみたいとの声が多数

終了後、参加者に感想を聞いてみました。

「飲むだけだと飽きてしまいそうだけど、料理にも使えるのが魅力」

「仕事が忙しくて調理に時間が掛けられず、野菜がなかなかとれません。家の冷凍庫にあると助かりそう」

「自然に料理に溶け込んで、ケール特有の苦みもありませんでした」

「かさばらず省スペースなので、冷凍庫に常備したい」

「リンゴジュースで割ったのも、飲みやすくってびっくり」

そのほかにも、「料理のソースにもなりそう」「チャーハンに混ぜてみたい」「カレーやパスタに」「甘酒で割っても」などの声が。「ぜひ使ってみたい」との意見が大多数を占めました。

なお、大好評の「濃縮野菜で、まるでガパオ」のレシピは、2019年1月7日にESSEonlineで公開予定です。ESSE2月号にも掲載されますので、お楽しみに!

濃縮野菜

●問い合わせ先 ファンケル
新感覚の“混ぜるだけ野菜”「濃縮野菜 国産ケール100%」の詳しい情報はこちら